にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 チャンピオンズカップ 予想

夕方頃からチャンピオンズカップの最終検討をし、小説もどきを懸命に書いていたところ日付が変わってしまった。
せめてブログぐらいは気楽に、ダニエルを強炭酸で割ったハイボールなぞゴクゴク飲みながら書いている次第で。

◆チャンピオンズカップ

◎②ケイティブレイブ
◯③ミツバ
▲⑭サウンドトゥルー
△⑪アウォーディー
☆⑥モルトベーネ

コパノリッキーが1枠1番。かぶせられると弱いってことでまず出していくと思われる。一方のテイエムジンソクも外枠から前に出して行くことになるということで、ペースはかなり流れるんじゃないだろうか。
特にジンソクの鞍上が大舞台慣れしていないってことで、必要以上に飛ばしてしまうこともあるかもしれない。

とはいえ、土曜のレースを見る限りは直線勝負で届くとも思えない。好位中段につけ、仕掛けどころを間違えなかった馬が勝ち負けになりやすいんじゃないかなあと。
 


4歳馬のグレンツェントやゴールドドリームが春以降伸び悩む中、孤軍奮闘していたケイティブレイブを応援の意味も込めて本命に。
2回の交流頂上戦を1着と2着できており、遡ればフェブラリーSも6着と、実に安定した強さ。前を行くコパノリッキーやテイエムジンソクを見る形で好位控えて、内枠を利した競馬が出来れば福永さんに今年も中央のGⅠタイトルをもたらしてくれるのではないだろうか。

ケイティブレイブを本命にする以上、JBCで同タイムのミツバを軽視はできない。
ブラジルCでノリさんが新境地を開いて以降、前から競馬できればまあ強い。松山が変に控えすぎなければ面白いかと。

後方から来るとしたらサウンドトゥルーが一番信頼感あるかなあと。昨年は直線の進路どりが理想的すぎた感もあるが、得意の舞台でこの馬を知り尽くしたパートナーがまたやってくれそうな気もしてならない。

アウォーディーは前走JBCクラシックで完全にしまいが甘くなったが、これが衰えでなく一時的なものであれば力は上位。これも歴戦のレジェンドがうまくエスコートしてくれれば。

と、JBCクラシック組ばかりになってしまったなあ……

あとは、復調の兆し見えるノンコノユメも気になるし、好走条件がまるでわからないアポロケンタッキーも走りさえすれば強い。
馬券はどうしようかなあと。

モルトベーネについては澤多莉さんの本命なんでこちらを。

第4話 チャンピオンズカップ - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム

テイエムジンソクなんかを切ってる理由も言及しています。


ちなみに日曜は出勤。休憩時間にWINSで吠えよう。