にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 チャンピオンズカップ 感想戦

状態ひとつ、展開ひとつで勝ち馬がコロコロ変わる王者不在のダート界。
人気の割れぶりも群雄割拠感があって楽しい。馬券を当てることができようものならなおのことだが。果たして。

www.bakenbaka.com

◆チャンピオンズカップ

◎②ケイティブレイブ
◯③ミツバ
▲⑭サウンドトゥルー
△⑪アウォーディー
☆⑥モルトベーネ

【買い目】
3連複 ②③⑥⑪⑭
ワイド ②③⑥
馬連 ②⑪⑭
※単複 ⑥
※3連単 ⑥→③→⑭

※はカスリもしないでお馴染みになりつつある澤多莉さん馬券。もし3連単来たらそれなりの企業に勤めてる方の冬のボーナスぐらいと考えると、夢があるのかないのかよくわからない。
 


【着順】
⑨ゴールドドリーム
⑬テイエムジンソク
①コパノリッキー
②ケイティブレイブ ◎
⑪アウォーディー △

まさかの無印3頭で決着という、時間かけて予想してるのは何なのと己を問い詰めたい結果に。
当然どの馬もまったくの考慮外ではなかったが「あるかな? いやここは切りで!」と割とすんなり決めた馬ばかりなので、惜しくも何ともない。

ジンソクがリッキーをつつくか、何ならハナを奪ってしまう展開を期待していたところ、番手で良い具合に収まってしまい、共存共栄の良い感じの体勢を築いてしまう。
一方、こちら期待のミツバは他の方々にどうぞどうぞと譲り後方へ。というか、このメンバーではテンの速さが劣っていたか。

こうなると厳しいなと、半ば絶望。
好位にいるケイティブレイブとアウォーディーが早めに進出して叩き合いを制してくれることに一縷の望みを寄せるも、それも叶わず直線へ。
あーダメだなあと溜息ついていたところ、ムーア騎乗のゴールドドリームが鬼の末脚で1頭だけ駆け上がってきて、フェブラリーステークス以来の戴冠。

この展開ならリッキーとジンソクが残るのはわかるとして、この舞台はまず向かないと思っており、ヘタしたらドバイ行で終わっちゃったんじゃないかとさえ危惧していたゴールドドリームには度肝抜かれた。
結果が出てしまえば、鞍上、出遅れた前走の上がりの良さ、調教、本来の力を出せれば強い筈と、買い要素はいくらでもあったんだなあと言えるのだが。

前年の12着馬、11着の騎手、13着馬で決まり、こんなん取れるかいと悶絶。
が、裏を返せば前年の2番人気、今年の1番人気、前年の3番人気で決まったとも言える。
競馬というものは実に難しく、やばいほどに面白い。

完敗してそんな風に思っちゃうんだから、よっぽどである。


第4話 チャンピオンズカップ - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム

こちら澤多莉さんもまったく当たらない。有馬までに当たってくれないと困るんだがなあ。