にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 朝日杯フューチュリティステークス 感想戦

いよいよ今年の競馬も残りわずか。
フィナーレを飾る有馬の前の週に2歳王者決定戦という構図はとてもしっくりくるわけだが、ホープフルのGⅠ昇格のおかげで、なんか色々ブレてしまってる感は否めない。
まあ、それにより生まれる実益の前には、様式美とかそんなん関係ないってところなのだろう。

というわけで、2歳マイル王決定戦という微妙な位置付けになってしまった当レースであるが、なかなかに衝撃的だった。

www.bakenbaka.com

◆朝日杯フューチュリティステークス

◎⑭ダブルシャープ
◯①ダノンプレミアム
▲③タワーオブロンドン
△⑩ステルヴィオ
☆⑦ヒシコスマー

【買い目】
3連複 ①⑭ー①③⑩ー③⑦⑧⑩⑫
馬連 ①③⑩
※単複 ⑦
※3連単 ⑦→⑭→⑩

穴っぽいどれかが飛び込んでくれるのを期待して3連複を広くいきつつ、ガチガチで決まったときに備えての馬連は①からをやや厚めに。
※印は澤多莉さん馬券。3連単決まれば100万馬券。こんなのきた日には、正月に姪っ子たちにあげるお年玉も分厚くなろうというもの。
 


【着順】
①ダノンプレミアム ◯
⑩ステルヴィオ △
③タワーオブロンドン ▲
⑤ケイアイノーテック
⑫ダノンスマッシュ

抑えきれないぐらいの勢いで先行し、直線でそのまま突き放したダノンプレミアムが圧巻の強さ、衝撃的な勝利。
他の上位勢は中団より後ろから来ているところ、ずっと前にいたのに上がり最速とか意味わからないことをやってのけ、ナデナデしながらの余裕のゴール。
もちろんまだ2歳の若駒、来年クラシックに向かうのであれば距離も長くなるということで、アレコレ膨らませすぎてしまうのは早計であるが、ついつい錚々たる名馬の名前を引き合いに出したくなるような1頭が現れたなあと。

2着争いは、外から伸びてきたステルヴィオが制し、これでもその前にあった準OPに混ざればミエノサクシードの2着という優秀な時計。3馬身前に規格外さえいなければ、戴冠していたということで、生まれてきた時代を呪うしかないだろうか。

馬券的にはガッチガチ。
3列目に入れていたファストアプローチが粘ってくれるか、ダノンスマッシュがもっと伸びていれば良かったのだが、ここはむしろ伸び足鋭かったケイアイノーテックにタワーオブロンドンがハナ差で粘ったことを僥倖と思おう。

馬連の①ー③⑩は600円、③ー⑩は300円にして、他の買い目はすべて100円で計3,700円買っており、戻ってきた額は4,000円。
馬連を均等のボックスにしていれば、ぴったりプラマイゼロだったという。

穴あけ期待だったダブルシャープは好位から垂れていき、超穴あけ期待だったヒシコスマーはずっと後ろ。まあ、あまり強くないからこそ人気薄ではあるのだろうが……
ダブルシャープは、北の地でないと輝けない馬だったのだろうか。次走が正念場かなと。

予想パートに入るまでがダラダラ長いよと評判もあるとかないとか言われてるこちらの登場人物もこれにはガックリだろう。

kakuyomu.jp

無理に穴馬を探してもロクなことになりませんよと啓蒙するお話となっております。