にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 阪神カップ 予想

暮れを彩る大レースの前日に、なにげに好メンバーがひしめく重賞が行われるというのだから世の中油断がならない。
マイルCS1・2着馬参戦だった昨年以上に面白いメンツが揃っており、GⅠこそ1勝であるものの素晴らしい実績を積み重ねてきた名馬の引退レースでもあって、大注目の一番。

果たしてここでも勝利を掴むのはあの世代か、はたまた有終の美か。

◆阪神カップ

◎⑤レーヌミノル
◯⑩サングレーザー
▲⑨ビップライブリー
△⑥キャンベルジュニア
△⑦モズアスコット
☆⑧エポワス
 


というわけで、3歳世代がこのレベルでも強いんじゃなかろうかと。
いずれもマイルCSで好走のレーヌミノルサングレーザーについては、来年以降のマイル(前後)路線でペルシアンナイトとともに主役を張ってほしい推し馬であり、鞍上も応援したいお二人。
印は迷ったが、距離短縮なら早めに進出できそうなレーヌミノルが粘り切る公算が高いんじゃないかなあと。

同じ3歳馬で未勝利からノンストップでOPまで駆け上がってきたモズアスコットのような馬がそのまま重賞ももぎ取ってしまうなんてのはしばしば見受けられることで、現にサングレーザーの快進撃が記憶に新しい。そういえばその時の鞍上はC.デムーロ。
モズアスコットも重賞ウイナーに導いて、上がり馬請負人となるのだろうか。

妙味ありそうなところでは、11着大敗を最後に【3.7.1.1】(馬券外の1戦も重賞4着)という異様な安定感を誇るビップライブリーはここでも普通に好走あるのでは。

ここ2戦重馬場で大敗のキャンベルジュニアも見直しの余地がありそう。

また、阪神巧者の9歳馬・エポワスも前走重賞ウイナーなのに低人気。
こういう馬が三分の一しか生きていない若駒たちに立ちふさがったりしようものならそれもまた一興。

問題はラストランのイスラボニータ。
当然この中で最も格上なのだが、近走見ると、ゲート出てもかつてのように行き足がつかず付けたい位置より後ろからのレースになりがちなのかなと。
最後はそれなりに伸びるのだが、それもエンジンのかかりが遅く、いわゆるズブくなっている印象。
種牡馬入り決まっていることもあり、無理せず地力を出せる展開にならない限りは、勝ち負けは厳しいのではないかと見ている。
決して衰えきってるわけではなく、調教も良い感じに見えるので、完全に切ることは無謀かとも思えるが。どうしたものか。


土曜は久々に中山に足を運ぼうかと目論んでいる。
有馬も今のところ行く方向だが、指定席無しだったらいつものように楽しめる状況にはならないだろうということで、今年最後の現地満喫とするはこび。

土曜は競馬を、日曜は有馬を存分に楽しみたい。