にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 有馬記念 予想

土曜日は久々に中山競馬場参戦。
有馬グッズをあれこれ買いあさり、馬券の方は芳しからぬ結果に終わる。
まあ歴史に残るレベルの名レースだった中山大障害を現地で見れたことだし、よしとしておきたい。

さて。明日はいよいよ今年最後の大一番。
ホープフル? あれは大一番とは言わないです。

去年の有馬からもう一年経ったとか。嘘だろオイやめてよオイと言いたいところだが、もう少し時間が経てばゲートが開いてしまう。

◆有馬記念

◎②キタサンブラック
◯⑬ミッキークイーン
▲⑭スワーヴリチャード
△①ヤマカツエース
△⑩シュヴァルグラン
☆⑧レインボーライン
 


いつの間にやら地上波テレビやらでもガンガン取り上げられてるキタサンブラック。武豊の恐るべき豪運によるベスト枠順ゲット。
話題性による過剰人気ということで嫌う向きもあるようだが、そもそも実力実績最上位。突っかけてくる人馬もいなさそうだし、おそらく自身のペースでレースを作れるはず。
逆らう俺カッケーしたい年齢でもなし、まず勝ち負けは濃厚と見ざるを得ないかと。

不安要素といえば誰もが言ってる天皇賞秋、JCと過酷な本番レースを2つ戦ってのお釣りがあるかどうかだが、JCのときに調教を緩めたというのが疲労でやりたくてもできなかったのか、有馬を見据えての措置だったのか。
後者であればぶっちぎりもあるし、前者だったら宝塚の二の舞で終わる末路もあるか。
まあキタサン中心の馬券を厚く、万一飛んだときの馬券も押さえておいた方が良いだろうか。

もしキタサンがしっかり一定以上の力を発揮できた場合、凌駕できる可能性があるとしたら、まだ格付けの済んでいないスワーヴリチャードなのだが、せめてもう少し内側で、キタサンをマークできる枠がほしかったところ。
とはいえ、外枠のミルコが馬券内に飛び込んでくるのはイヤってほど見てきた。力関係考えるに、今回もそれを見せつけられる可能性は決して低くないかと。

ミッキークイーンはスワーヴリチャードに並んでローテーション的に有利というか、単に秋2戦目ということで疲弊は少ないのかなと。
元よりこちらも実力馬。脚質的に展開利は望めないかもしれないが、早めに進出しつつ末脚が活かせればワンチャンありかと。

最内のヤマカツエースは、キタサンと同じく東京での2戦によるダメージさえなければ、昨年激走した中山で最内枠を得たということで、有力視できる。
昨年は4着。サトノダイヤモンドもゴールドアクターもいない。普通に馬券内はある。

シュヴァルグランが小回りの中山苦手というのは鵜呑みにできない。
むしろJCでは枠も展開も上手くいきすぎだったのと、シーズン3戦目はキタサン以上に結果が出てないということで軽視したいところなのだが、さすがに無印にはできないだろうか。

最後に愛してやまない推し馬・レインボーライン
実際厳しいとは思う。出足がつきにくく、後方からの競馬になる公算大。キタサンの作るペース、土曜日見た限り馬場は前が残りやすいということで、吹いてる風は向かい風。
が。懲りずに書いた小説もどきで、ヒロインが言っている。

「レインボーラインはいい馬じゃない。天皇賞秋で見せた根性といい、ジャパンカップでは上がり最速だったし。うまくコーナーで持ち出すか、ヤスナリ得意のイン付きを決めることができれば、勝ち負けも十分考えられるわ」

ただ信じて応援するのみ。


というわけで、こちらの方も読んでいただければこれ幸い。

kakuyomu.jp

さあ、寝て起きたら戦いに向かわねばならない。結末は我が目で見届けねば。