にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 中山金杯 予想

一年の計は金杯にあり。何とも趣のある、日本人の心情にマッチした素敵な言葉である。
時に激しく想像の斜め下を行うJRAさんのこと、或いは金杯の前に中央競馬を開催……なんていう暴挙に出る日もいつかくるかもしれないが、まあそんな杞憂に心を割いていても仕方がない。

昨年は、東西金杯W的中キメたものの、その後馬券的にはまあボロボロの一途。何が一年の計じゃいと言いたくもなる惨状ではあったが、年も改まった今、過ぎし時のことは忘れ、新たなる時を刻んじゃろうと。

◆中山金杯

◎⑨ダイワキャグニー
◯⑩タイセイサミット
▲⑰カデナ
△⑦ブラックバゴ
☆④アウトライアーズ
 


どうやら今年も勝つつもり無いなコヤツなどとは思わないでいただきたい。
そりゃまあ、確かに4歳馬で人気するであろう2頭、既に重賞実績を残しているセダブリランテスとウインブライトは怖い。
が、どちらも戦ってきた相手と着差を見るに、そんなに高評価には当たらないんじゃないかと。少なくとも1、2番人気であるならば積極的に手を出したくはない。

それならば、正真正銘の一線級と戦いハナ差4着、OP勝ちもあるダイワキャグニーを本命としたい。
キャリアのほとんどを東京競馬場で積み、唯一中山走った弥生賞では大敗のため、中山或いは右回り自体が向いていない疑惑もあるが、逆にいえばそこさえ問題なければまず勝ち負け間違いなしのレベル。
菊沢厩舎の実力馬にノリさん、しかも中山。年明け早々に良い意味であっと言わせてくれるのではないだろうか。

東スポではペース流れると書いてあったが、自分としてはこのメンバーならスローか、スローに近い平均ペースぐらいになるのではと踏んでいる。
(ちなみににわか師のペース読みはよく正反対になるので有名である)

好位から抜け出して押し切りそうな馬の人気サイド候補がダイワキャグニーなら、人気薄サイドはタイセイサミットかなあと。
春にはOPでアストラエンブレムに競り勝ち、初挑戦の古馬重賞で2番人気だった素質馬。
半年の休み明け前走は、体重といい鞍上といい明らかに叩き。OP勝ち果たした北村宏司騎手を再び迎え、絞れていれば買いの一手かなと。

先行有利な中、後方から飛び込んでくるとしたらカデナ。クラシック前は強豪の一角だったのが、今や見る影もない……ように見えるものの、実際はどうなのかなと。
皐月賞・ダービーは展開的にノーチャンス、神戸新聞杯は距離、天皇賞秋は言わずもがなの極悪馬場と、とにかく好走できる条件に恵まれてこなかった。
中山2000良馬場は最適な舞台の筈。もう一度だけ期待してみたい。

ブラックバゴは、出遅れ癖がひどいが、早仕掛けが決まれば充分勝負になるかと。

アウトライアーズはここ3戦二桁着順も、春にはウインブライトのライバル的存在だった。
皐月賞は順位ほど負けておらず、この距離ならまた勝負できるかもしれない。
半年ぶりの前走は+24の成長分以上の太め残り。今回調教見る限りは良さげな感じ。田辺→蛯名乗り替わりは成績だけでいうとマイナスかもだが、何やら期待感は持てる。
ハンデと人気を考えたら買うならこっちかと。


さあ、2018年の競馬が始まる。今年は勝っちゃおう。


京都金杯はこちら
www.bakenbaka.com