にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 シンザン記念 予想

年明けの頭数揃わない微妙重賞かなあと思いきや、昨年はペルシアンナイトやアルアイン、その前はジュエラーに我らがレインボーライン、さらに遡ると錚々たる馬名が次々出てくる出世レース。
ダテに伝説の名馬の名前を冠にはしていない模様で。

今から出勤なのでさらっと。社畜悲しい。

◆シンザン記念

◎②ファストアプローチ
◯⑧プリュス
▲③アーモンドアイ
△⑪カシアス
☆④ベルガド
 


本命はファストアプローチ。復活のMが藤沢厩舎の関西遠征馬に跨る。あまりにも恐ろしい。
朝日杯でも掲示板は逃したが、ダノンプレミアム以外とは差のない競馬。能力は高い。

その朝日杯で、似たようなレースをして一枚下回ったカシアスも実力馬だが、今回斤量も上乗せされ厳しいところか。

2戦目で一変したプリュスは鞍上が京都を庭にするレジェンドで、昨日はあまり結果出なかったのもかえって怖いところ。

前走持ったまま圧勝のアーモンドアイで、新年早々シルク&戸崎で重賞3勝なるか。
関東馬なのにフェアリーステークスでなくここに出してきたあたり、プリモシーンとバッティングさせるのは勿体ないという期待の現れか。
関西重賞の戸崎なんて無条件で切りといきたいが今回ばかりはそうもいかぬか。

新馬戦1200で勝ったベルガドが穴馬として気になるところ。
馬場が重くなりそうだし、あのピッチ走法が向くのでは。距離さえ持てば面白いかと。


買い方をとても迷っている。むじい。
まあ仕事でもやっつけながら考えるとしよう。
やべー遅刻する。