にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 愛知杯 予想

年明け。秋の女王決定戦からはさほど経っておらず、春の女王決定戦まではいささか期間がありすぎるということで、どうしても微妙なメンバーになってしまう牝馬重賞。
ジョッキーも上位勢はそんなに集まらないということか、歴代の勝利ジョッキーを眺めると、昨年の岩田とその前の田辺はいいとして、それより前は藤岡康、酒井、川須、太宰、宮崎と、シブいメンツがズラリと並んでいる。

となると、荒れた結果も期待されようというものだが、果たしてどうなるか。

◆愛知杯

◎⑨キンショーユキヒメ
◯⑫クインズミラーグロ
▲⑩エテルナミノル
△⑱ワンブレスアウェイ
△⑦マキシマムドパリ

現級準OPの馬が結構人気を集めてるとなると、多少斤量は背負っていても、実力的な裏打ちのあるOP馬から買っていきたくなるわたくし。
 


末脚確かなキンショーユキヒメは、重賞で馬券になったことはないが、マーメイドSは紙一重。強豪揃った府中牝馬Sでも追い出し遅れつつも健闘していた。
適正抜群の中京コースでこのメンバーならまず問題なし。前走謎のダート使用でパールコード的な状態になってないかだけが気がかり。しかし返す返すも惜しい馬だったなぁ……

夏までの安定が嘘のように秋は大崩れだったクインズミラーグロ。どうもここ2走は行きたがる様子が見え、エリザベス女王杯にいたっては慣れない逃げで大敗。
しっかり折り合って競馬ができれば、元々実力上位ってことで、人気落としてるここは買い。

前走ターコイズSでひどく出遅れたにも関わらず、それなりの走りは見せたのがエテルナミノルワンブレスアウェイ
もちろんちゃんと出てくれるに越したことはないが、今回は中山マイルよりも出遅れは致命傷でないと思われ、どっちも距離さえ持てばいけるんじゃないかと。

実績最上位で人気もしているマキシマムドパリだが、大体好走時はスローペースであることが多く、今回軽ハンデの先行馬が何頭かいるので厳しくなる可能性はあるかなと。
反対に、コパノマリーンあたりを単騎で勝手に行かせて、控えた位置でじっくりペース作れれば勝ち負け必至だろうか。
調教イマイチっぽいのも気がかりだが、抑えておく必要はあるかと。


こんなところで。
結局飛び級組&4歳馬は全切り。1頭はやっぱり飛び込んでくるのだろうか……