にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 東海ステークス・アメリカジョッキークラブカップ(AJCC) 予想

瞬く間に一年の18分の1が過ぎ去ってしまったことに立ち尽くすばかりの今日この頃。ここでようやく今年初の現地参戦となるはこびの日曜日。

思い出すのは昨年のAJCC。あの日も中山競馬場で楽しく過ごしていたところ、メインレースでシングウィズジョイの悲劇が起きた。
競馬をやっている以上、こういう出来事を目の当たりにしないわけにはいかない。

こんな罪深い趣味を嗜んでおきながら、矛盾しているのかもしれないが、今年は少しでも悲しい事故が減りますように。
まずはパドック横の馬頭観音に手を合わせることにしましょう。

さて今週の重賞。

◆東海ステークス

◎⑧テイエムジンソク
◯⑨ディアデルレイ
▲⑮クインズサターン
△①ローズプリンスダム
△③モルトベーネ

何らかのトラブルでもない限り、まずテイエムジンソクの鉄板どころか超合金板レース。
そういうトラブルは望むべきものではないと、素直に相手探し。

前走逃げて上がり最速、余力たっぷりのディアデルレイも人気しているがしょうがない。テイエムジンソクがよほど厳しい流れにしない限りは着内に残ること濃厚。

逆に、後ろから駆け上がってくるとしたらクインズサターンになるだろうか。
ぶち込もうと考えていたスリータイタンが回避になってしまい、代用馬な感も否めないのだが、この馬も末脚は確か。期待したい。

後はかなりの頭数が甲乙つけがたく、昨年の超絶ヒモ荒れの幻影を追いたくなってしまうところだが、ここは冷静に、近走負けたときの言い訳がきくのを探すと、ローズプリンスダムモルトベーネというまあまあ人気しているところになってしまうか。

わからん。ここはGⅡの予算上限3,000円を⑧の単勝にぶち込んで、3,600円〜4,200円ぐらいにすべきレースなのかもしれない。
 



◆アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)

◎③ミッキースワロー
◯⑧ショウナンバッハ
▲①レジェンドセラー
△⑤ゴールドアクター
△⑦ダンビュライト

三強ムードではあるが、その中でもここはしまいの決め手が重要かなと本命視していたミッキースワローが少し抜けた人気を集めてしまうのは誤算だった。同じことを考える人が多いということなのだろう。
ここのところミッキー軍団は結構買っていて、ロケット◯、ラブソング◯、クイーン×、ロケット×ときている。ここで勝ち越しておきたいところ。

前走見る限り、マイネルミラノは何が何でもハナに立つと思われ、先行・好位につけたい馬も多く、前は結構やり合う展開になるんじゃないかなあと。
そうなると相手筆頭は近走馬券にこそなっていないものの、末脚が光っているショウナンバッハにしたい。
丸2年馬券になっていないが、着順の数字だけ眺めてもここ最近は調子を上げていることがわかる。ここでは十分あるかと。

三強のもう2頭だが、ここにきて武豊テン乗りというのがおそろしすぎるゴールドアクターは、本来の地力を発揮すればまず勝ち負けなのだが、秋全休を余儀なくされたことと、調教の具合を見る限りは積極的には買えないかなと。

クラシックを武豊を背に皆勤して3→6→5着と、どこかのエアスピネルの下位互換のような実績を残したダンビュライトは、ついつい応援したくなってはしまうのだが、前走阪神2000で最後はクリノヤマトノオーに迫られていたところを見ると少し厳しいのかなと。
デムーロ乗り替わりで良い方に新味が出れば良いのだが、何となく手が合わなさそうな気がするのも減点材料。

それならば、上がり馬のレジェンドセラーの方が期待できそうか。やっぱりしまいにグイッと伸びる勝ち方をした馬は強そうに見えてしまう。

問題は、アクターとダンビュを外した◎◯▲の3連複が現時点で20倍程度と、思った以上に付かないということ。

この日曜日は欲張らずに、きちんとバットに当てにいくような馬券にせざるを得ないだろうか。悩ましい。