にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 シルクロードステークス 感想戦

己の検討と心中しておけば取れていたTCK女王杯をオッズに惑わされてみすみす外し、土曜日は相席スタートの単独ライブのチケットを取り逃がし、頭痛すれどもロキソニン切れてたんでそこらのドラッグストア回るもどこもかしこも薬剤師不在で、白富士ステークスはマイネルハニーとスズカデヴィアス2頭軸の3連複をよっしゃゲットとガッツポーズしかけたところ三浦皇成に邪魔されて。

どうにもバイオリズム的に低迷しており、競馬にハマって以来初めて重賞スルーしようかなとも思った日曜日。
しかし、ここで日和らずにいつものように愚直に馬券活動することこそが本道であろうと、がんばるおじさんの涙ぐましさときたら。

www.bakenbaka.com

◆シルクロードステークス

◎①ファインニードル
◯⑥セカンドテーブル
▲⑭ミッキーラブソング
△⑮ナックビーナス
△⑨キングハート
☆④フミノムーン

【買い目】
ワイド ①ー⑥⑭
3連複 ①④⑥⑨⑭⑮

展開なんかも考えはするが、そこは刹那のスプリント戦。前やら後ろやらごちゃついて、ほんの少し流れをつかんだ順にゴールするだろうと、3連複はボックスで。
どの組み合わせでも万馬券、十万馬券もゴロゴロの買い目に心躍らす。
 


【着順】
①ファインニードル ◎
⑦セイウンコウセイ
④フミノムーン ☆
⑬カラクレナイ
⑮ナックビーナス △

馬体重+18で大いに怯ませてくれた本命ファインニードルが、蓋を開けてみたら好位から抜け出す強い競馬で期待以上の完勝。
後方から末脚を発揮して上がってきたのが☆付けてたフミノムーン。やはり13人気はナメられすぎだった。
切っていたダイアナヘイロー、アレスバローズは案の定過剰人気。片や先行して垂れていき、片や後方から上がってこれず。

すべて計算どおり。我が慧眼の恐ろしさ。


馬券は1円もとれなかった。


セイウンコウセイぃ……


後から振り返れば、大敗はGⅠと夏場の1400、前走は失速ぶりが目についたが実際には勝馬と0.2差と、この舞台では決して侮ってはいけない馬だった。
ましておそらく時計のかかる勝負になるだろうと踏んでミッキーラブソングやフミノムーンに印を回したのに、このGⅠ馬を漏らすとは、マヌケにも程がある。

馬券の買い方にしても、3連複の買い目が20点と多すぎるので、フミノムーンは外した10点にして、その代わり④複勝を500円ぐらい買おうかなとも思ったのだが、この馬が絡んだ3連複配当があまりに垂涎の額になるため、欲をかいてしまった。
控えめにしておけば8,500円ほどの戻りがあった。自分にとっては小さな額ではない。

これを痛恨の判断ミスととらえるか、いやこれはいつかどデカい馬券をゲットするための一歩と前向きにとらえるか。

反省は大事。が、反省ばかりしているうちに生涯が閉じてしまってはどうしようもないところで。