にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 根岸ステークス 感想戦

1月の中央競馬ラストをしめくくる重賞。
ここはきっちりとって、春の大舞台を見据えて盛り上がってくる来月へと繋げたいところ。

www.bakenbaka.com

◆根岸ステークス

◎⑦キングズガード
◯②アキトクレッセント
▲⑫ブルドッグボス
△⑥カフジテイク
△⑤ノボバカラ

【買い目】
3連複 ⑦ー②⑥⑫ー⑤⑥⑧⑫⑭
ワイド ②⑤⑫
馬連 ⑦ー②⑫

【着順】
⑭ノンコノユメ
⑧サンライズノヴァ
⑥カフジテイク △
④マッチレスヒーロー
⑫ブルドッグボス ▲
 


ペースは平均程度で、追い込み馬はまあ強い一頭かひょっとしたら二頭飛び込んでくるイメージかなと考えていたのだが、サイタスリーレッドが芝じゃないのよコレと言いたくなるようなペースで引っ張ってしまい、まず展開読みが大ハズレ。後ろの馬が俄然勝機ありの展開に。

それでも差し・追い込み馬の順位付けが合っていれば馬券も取れていたのだが、キングズガード>カフジテイク>ノンコノユメ>サンライズノヴァという、ほぼ正反対の順で評価していたのだからどうしようもない。3列目のみの抑えの2頭によるデッドヒートを遠い目で見つめるばかり。虚。

キングズガードはこのスピードに対応できる力はなかったのか、はたまた内に潜り込んだのが失敗か。来るか来るかと思いきやピタッと止まってしまい終了。

ノンコノユメ復活勝利。喜ばれてるファンの方も多い模様。
こちらは今回走った馬たちの、本番での取捨に早くも頭を悩ます。
ここ二年ほどのフェブラリーSは根岸S組が幅を利かせており、今年もこの傾向は続くのか。
いや、ここでの激勝は前が潰れるペースによるもの、このレコードの反動も考えられ、本番はこうはいかないと考えるか。
いやいや、ダートの場合そんなに前走の反動とか気にしなくて良いんだよと耳にしたこともあるぞとか。
いやいやいや、単純にゴールドドリームやテイエムジンソクには及ばないんじゃないかとか。


今日の負けは悔しくとも、いよいよ楽しくなってきて、心弾ませ2月へと。