にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 きさらぎ賞・東京新聞杯 感想戦

こんにちは。生きとし生けるものの中で一番競馬がヘタなヤツでございます。

本年初の府中行。比較的気候に恵まれた日曜日ではあったものの、さすがに風きってカッ飛んでいくのはしんどかろうと、いつもの自転車ではなく京王線を足にする。

2月開催の東京で現地参戦するのは初めてだったりするが、メインが豪華メンツの重賞デーなのに3R頃の余裕の来訪でこの場所が空いていた。冬万歳。
重賞ない土曜とかウイナーズサークルでサイン貰いたい人には狙い目の時期なのでは。

www.bakenbaka.com

◆きさらぎ賞

◎⑨ダノンマジェスティ
◯④ラセット
▲⑩カツジ
△⑧グローリーヴェイズ

【買い目】
馬連 ④⑨ー④⑧⑩
3連複 ④ー⑨ー①⑧⑩

やはりダノンマジェスティに期待。
オルフェーブルやゴールドシップをリアルタイムでは知らないにわかにとって、かのレジェンドたちが出現したときはこんな風に世の好事家たちの胸をときめかせてたのかなあと思わせるものがある。
どうにも御しがたい性質の持ち主だが、それは凄まじい爆発力との表裏一体。そんな怪物の可能性を感じさせる存在は、競馬を俄然面白くしてくれる。
さあ、初の重賞はどっちに転ぶか。

【着順】
③サトノフェイバー
⑧グローリーヴェイズ △
④ラセット ◯
⑤レッドレオン
⑩カツジ ▲

京都から遠く離れた府中の客席で、激しくずっこける方に転んだわけで。
パトロールビデオ流れた時なんて爆笑だった。

冷静に考えれば、ミルコさえも乗りたくないと断言したクセ馬を、ほとんどアンちゃんの松若風馬が乗りこなせる筈もなかったんやと。
和田騎手に戻ったとき、或いはムーアあたりに乗ってもらえることがあったときは、また注目してみたい。もちろん改めて調教を積んでもらうことは大前提だが。

どちらにしてもサトノフェイバーは新馬戦の逃げ勝ちがあまりにスローすぎて、人気してるなら外しときたいなと終始思ってたので、どうしようもない節穴ぶり。
 



◆東京新聞杯

◎⑯グレーターロンドン
◯①アドマイヤリード
▲⑦クルーガー
△⑧リスグラシュー
△⑮ダイワキャグニー
☆⑭ストーミーシー

【買い目】
馬連 ①⑦⑯
3連複 ⑯ー①⑦⑮ー②⑦⑧⑨⑭⑮

3連複は1列目を1頭に絞った分、3列目は手広く。穴どころが飛び込んでくれば結構つくので大儲けになるかもという算段。

【着順】
⑧リスグラシュー △
③サトノアレス
⑮ダイワキャグニー △
②デンコウアンジュ
④ディバインコード

は? 何してんの川田?? そんな好位につけて大丈夫なのかよ???
あーあー、言わんこっちゃない。何してんだアホンダラ!!

なんて絶叫したものだったが、後にして思えば、前走いつもの後方一気では届くわけのない展開・コースで負けたことを踏まえると、ここでは新味が出る可能性に賭けて好位差しに打って出ることは想定し得たなあと。
そういうレース運びを志向するジョッキーにわざわざ乗せ替えてるわけだし……考えが足りなかった。

まあどちらにしても、次いで厚い印を付けていたのがアドマイヤリードとクルーガーなので馬券的には問題外。
最悪と思えた前走を更新する騎乗ぶりだったアドマイヤリードは元より、レース運びは悪くなさそうだったクルーガーも案外の伸びなさ。

そんな古馬勢たちを真の最強世代とも呼び声高い4歳馬たちが蹂躙。

リスグラシューは4歳牝馬が実はこのレベルでは通じないんじゃないか。サトノアレスはせいぜいOP番長。そんなサトノアレスと得意条件でも互角だったダイワキャグニーも危ないぞ。
なんて思っていたウルトラ節穴野郎の顔が見てみたい。よし鏡を見よう。


と、重賞はこんな有様でも、現地でたくさん買ったわけで、それなりに勝った負けたを楽しんだのかといえば。

久々にボウズで帰ることになったわけで……
かろうじてプラスを保ってた2018年収支もあっさりマイナス転換してしまったわけで……

東京10R、電車の中では柴山の単複でいこうと思ってたのに、なぜ直前で内田に変えてしまったのか。。。
今でもバタバタしたくなるほど悔しい。

散々やられた当日や次の日ぐらいに、まあこんな日もあるさと割り切れるようになるには、まだまだ修行が足りない身の上である。