にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 京都記念・共同通信杯 予想

いつの間にかまた全然勝てなくなってきたドヘタ馬券師。
何をやっても裏目裏目からの脱却を目指したいところだが、土曜はとりあえず2レースだけ買って全然ダメ。僕が単勝買うと、ジョッキーもやる気をなくすのか、まったく追わなくなるという有様。
何とかこの日曜で挽回できるだろうか。

京都では、昨年のダービー馬、皐月賞馬、秋華賞馬、エリザベス女王杯1・2着馬、菊花賞2着馬が顔を揃えた豪華なレース。

◆京都記念

◎⑦クロコスミア
◯⑥レイデオロ
▲⑤モズカッチャン
△⑩アルアイン
△④クリンチャー
☆③ディアドラ

まあ10頭中これだけ印付ければさすがにどれかは来る筈だが、ガミ回避のためには本命のクロコスミアを中心にいく必要がある。
土曜の京都を見る限り外差しが利き、対抗以下の錚々たる4歳馬たちに飲み込まれてしまうシナリオも想定できるが、当レースではプリメラアスール、クロコスミアと隊列すんなりで、ペースは厳しくならない筈。
府中の直線でヴィブロスやアドマイヤリードから逃げ切った粘り強さを発揮できればここでもオイシイ馬券になるのでは。

スーパースターが去った今、現役最強の呼び声も高いレイデオロに強いてケチつけるとしたら、テン乗りの短期免許外国人と、京都が初であることぐらいだろうか。
とはいえキセキ・サトノアーサー・ダンビュライトを全く問題にせず破り、メイチではなかったにしてもキタサンブラックに真っ向勝負で先着してしまう強豪である。不安要素なんて関係なかったんや……となる可能性の方が高いとは思う。

モズカッチャンは、先行馬の少し後ろでしっかり脚を溜め、直線抜け出してそのまま追い込み馬は届かせないという、まあ要するにエリザベス女王杯の再現なるか。

なにげに秋は2つしか使わず3ヶ月半ぶりのアルアインクリンチャーは、成長具合が気になるところ。
どちらも調教は良さげで、順調に伸びてればここでも十分にやれる筈だが果たしてどうか。

牝馬三冠全てで上がり最速を叩き出したディアドラといえど、今回は◎〜△の5頭をまとめて面倒見れるとはさすがに思えない。
が、着狙いされたら非常に厄介。鞍上は我らが福永祐一。こういうときの彼は敵に回したくないのだが、どうしたものか。
 


東京ではクラシック、それも競馬場的によりデカイ方を見据えた重要な一戦。
昨年はスワーヴリチャード、一昨年はディーマジェスティ、その前はリアルスティールにドゥラメンテがここで結果を出しており、春に向けて注目せざるを得ないところ。

◆共同通信杯

◎⑫グレイル
◯⑩ゴーフォザサミット
▲⑨ステイフーリッシュ
△⑥オウケンムーン
☆⑦ブラゾンダムール

実力的には、後のGⅠ馬であるタイムフライヤーをきっちり差しきったグレイルが一枚抜けているか。輸送、左回り初で斤量+1と、不覚をとるだけの理由はあるが、果たして先に挙げた駿馬たちのように、ここはきっちりクリアできるかどうか。

もう一頭のハーツクライ産、ゴーフォザサミットは、前走少頭数とはいえ好位から上がり最速の強い勝ち方。ホープフルSで色んな意味であっと言わせたナスノシンフォニーと同じようなタイミングで押し出して上回ったのが馬場のおかげとかでなければ確実に強い。

ホープフル3着のステイフーリッシュはいかにも東京向きそう。逃げ・先行馬が引っ張って厳しい流れになれば俄然勝ち負け濃厚かと。

今んとこ相手関係楽な印象のあるオウケンムーン、前走2番人気大敗のブラゾンダムールはここで真価のほどを見せてくれることに期待。

悩ましいのがサトノソルタス。前走水田のレースでは、それこそ真価のほどがわからない。
デビュー戦にデムーロが乗って単勝1.5倍で、今回ムーア騎乗となると、抑えないのは怖すぎるが……


競馬で負け続けるというのは、水面に顔をつけ続けているような感覚に似ている。
今週こそはプハァッと顔をあげたいもの。