にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 京都記念・共同通信杯 感想戦

あまりにも当たらなすぎる。
もしこんなブログを継続的に読んでくださってる方がいるのなら、きっと切る馬を探すための逆神ブログとしてご愛顧くださっているのだろう。

少々ふてくされつつ、変則開催になった先週の重賞を回顧。
この時期としては温暖だった日曜日は、久々に府中までチャリ機にて来訪。このサイクリングの目的地としての競馬場というのが、わたくしの原点。

www.bakenbaka.com

◆京都記念

◎⑦クロコスミア
◯⑥レイデオロ
▲⑤モズカッチャン
△⑩アルアイン
△④クリンチャー
☆③ディアドラ

【買い目】
単勝⑦
3連複 ⑦ー③④⑤⑥⑩

3複は⑥絡みを手厚く。
クロコスミア沈んだときの馬券も抑えておこうかと考えるも、配当的に資金のかなりの割合を抑えに回す必要があり、なおかつトントン程度にしかならないということで、それなら今回は本命に託そうということに。

【着順】
④クリンチャー △
⑩アルアイン △
⑥レイデオロ ◯
⑤モズカッチャン ▲
②ケントオー

ヤッター4着までみんな印付けた馬だーい。
とか喜べるわけもなく。

できれば前にプリメラアスールを置いた番手に付けてほしかったクロコスミアだが、ハナに立って逃げる形に。
ペースは望んでいたスローだったので、まあそれでも良い、何とか粘ってくれという祈りもむなしく、直線早々に失速。
良いペースで逃げれたというよりは、好位につけた馬の良いペースメーカーにされた形だろうか。
つかまってしまう結果自体は覚悟していたのだが、あそこまで粘れないとは想定外。現役5歳牡馬では強豪の一角である筈のミッキーロケットの沈みっぷりといい、これはもう元々強い上に伸び盛りの4歳世代とは力の差が明確と考えるべきだろうか。
モズカッチャンは戦えたことを考えると、牡牝の差ではないのかなあと。

その4歳馬同士の戦いでも、圧倒的人気のダービー馬がかろうじて3着キープという昨年あたり見たような波瀾が発生。何か走りづらそうにしてたように見えたけど、ドバイなんか行って大丈夫なんかねと心配に。

これまで水田を走った菊花賞以外はすべてアルアインを下回っていたクリンチャーの勝利は重馬場を味方につけてのものか、はたまた成長の賜物か。良馬場・同斤量になっても今回のメンツと戦えるかはやや懐疑的。
しかし、いよいよ次代の覇権の行方は混迷としてきた感もあり、この春の大舞台が楽しみでならない。
 


共同通信杯の府中現地は、前週豪華メンバーが集まった東京新聞杯の日より賑わっていた。単純に日柄の問題か、あるいはクラシックに繋がる戦いの方が競馬ファンは足を向けたくなるものなのか、はたまたバレンタイン前の日曜ということでデイトと洒落込んだ唾棄すべき連中が群がってきたのか。

ともあれ、否が応でも盛り上がる一戦。

◆共同通信杯

◎⑫グレイル
◯⑩ゴーフォザサミット
▲⑨ステイフーリッシュ
△⑥オウケンムーン
☆⑦ブラゾンダムール

【買い目】
3連複 ⑫ー①⑥⑦⑨⑩
3連複 ⑥⑨⑩ー⑥⑨⑩ー①⑥⑦⑫

迷った末、不良馬場で1戦1勝のサトノソルタスも一応抑え程度に。①ー⑫ー何かだと当たってもガミるパターンもあるが、まあそれはしょうがないかなと。

【着順】
⑥オウケンムーン △
①サトノソルタス
④エイムアンドエンド
⑩ゴーフォザサミット ◯
②カフジバンガード

どの馬もジワジワした伸び方の中、人気を集めたグレイルやステイフーリッシュは案外。
オウケンムーンは案の定というか、思ってた以上に強かった。
サトノソルタスもこりゃ強いわって走りだが、追い方を見る限りこの若さでズブい感じもするので、次戦の舞台と鞍上によっては軽視もアリかも。

ゴーフォザサミットも伸び出しが遅かったものの、唯一後方から豪脚一閃。
よっしゃ差したべ、サトノソルタスも抑えてて良かった、何とか3連複ゲットで久々の重賞勝利……と掲げた拳が、スローリプレイを見て力なく垂れ下がる。
一度は前に出てるのに、ゴールの瞬間だけハナ差負けてて的中を逃すこの悔しさ。まあこの僅かな差で勝つ側に回ることもあるわけで、こんなこともあるわなとすぐに切り替えられる人間になれる日が来るのだろうか。

グレイルとステイフーリッシュの凡走を受け、ホープフル勝ち馬も含めて3歳馬の序列を見直すべきか、はたまたそれは早計なのか。
特に前者は輸送も左回りも初めての今回、既に重賞勝ちで次への切符を手にしている身であることには留意したいところ。


他も散々で、現地参戦2回連続でボウズという、ド下手クソにわか野郎の私としても、さすがに滅多にないレベルの屈辱的惨敗を喫して帰宅。

建国記念日はおとなしく部屋の掃除でもして、重賞だけちょろっと参加することにしようと。
この時は思っていた。