にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 京都牝馬ステークス・ダイヤモンドステークス 感想戦

砂の王者決定戦の他に、各地で重賞が行われた先の週末。GⅠウイークにこの状況、供給過剰はイナメナイ。
小倉大賞典は最終週に移せないかなあ、芝1800で中山記念とカブっちゃうのがダメなのかなあとかつらつら思ったりしつつ、結局はできる範囲で検討を重ね、立ち向かうしかないわけで。

www.bakenbaka.com

◆京都牝馬ステークス

◎②ワンスインナムーン
◯⑧ミスパンテール
▲③ソルヴェイグ
△⑩デアレガーロ
△⑫エスティタート

【買い目】
枠連 [2]ー[6]
ワイド ②ー⑧
馬連 ⑫ー②⑧

②ー⑧の馬連よりも、[2]ー[6]の枠連の方が若干つくのでそちらをチョイス。枠に1頭ずつの場合はもちろん、人気どころの同枠が人気薄の場合にしばしば起こる現象で、まあギリギリ直前に逆転してしまうことも往々に起こることなのだが、今回は大丈夫だった模様。
長期的にはこういうのの積み重ねが物を言うのだろうが、まあ当たらなければ何の意味もないところ。

【着順】
⑧ミスパンテール ◯
⑩デアレガーロ △
⑫エスティタート △
⑪エンジェルフェイス
②ワンスインナムーン ◎

てなわけで、何の意味もなかった。
先週クロコスミアが為すすべなく敗れ去ったことで、先行馬に厳しい外差し馬場であることはわかっていたが、それでもワンスインナムーンが残れるかと踏んでいた。3ハロン36.1と出たときはまず問題ないと確信したのだが……
それでもソルヴェイグらの沈みっぷりを見るにやはり強いことは強い。高松宮記念出られるのなら注目の1頭ではあるかなと。

差し馬の決め手勝負になってしまい、それでもミスパンテールとエスティタートの馬連をとれたかと思ったが、デアレガーロが飛び込んできてしまう。
本線はワンスインナムーンとミスパンテールの1点で、抑えには比較的妙味あるエスティタートのみというのはさすがに絞りすぎだった。
何も考えず3連複ボックスとかにしとけば良かったと悔やむ。こういうの落としてちゃいけない。
 



◆ダイヤモンドステークス

◎⑥ソールインパクト
◯⑭フェイムゲーム
▲⑧レジェンドセラー
△③プレストウィック
☆④ラブラドライト

【買い目】
3連複 ⑥ー⑭ー①③④⑤⑧
3連複 ⑥ー④⑧⑭ー①③④⑤⑧
枠連 [5]ー[8]
ワイド ④ー⑭

ここは⑥⑭を本線に、どちらかが来なくても割と拾えそうな構えで。

【着順】
⑭フェイムゲーム ◯
①リッジマン
⑥ソールインパクト ◎
⑦リッチーリッチー
③プレストウィック △

二段構えの3連複がどっちも的中と上々の結果。
距離伸ばして躍進していたリッジマンは当初本命候補ですらあったところ、左回りと輸送の不安、平坦コースしか無理なのではという感もあり無印にしていたのだが、3列目で抑えておいたのが奏功。

本命のソールインパクトは上手いことやりくりして、直線向いたときはすわアタマもあるかと思ったが、そこまでの力はなかった。しかし長くしぶとい脚で3着は死守。ナイス福永とガッツポーズ。
おそらく4歳で本格化して以降、丸2年以上東京では馬券内外していなかった当馬がこの顔ぶれで6番人気はナメられすぎの感もある。3複的中はかなりオイシイ結果だったかなと。

58.5の斤量はどうかなと思ったが、フェイムゲームは強かった。同一重賞3勝、それも2年空けての勝利というのが、連覇よりもむしろ凄いような気がする。
翌日のノンコノユメもそうだが、一度終わったかに思えた馬が、このように再度輝きを放つことがあるのも競馬の醍醐味。

ホウオウドリーム、レジェンドセラーは弾き返された形。この路線に関しては、まだまだ世代交代とはいかない模様か。


こうして振り返ると、土曜日はW的中も狙えたというか、取ってなきゃダメだったなぁ。。。