にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 阪急杯・中山記念 感想戦

ボンヤリしてたら、もう次の週末がすぐそこにきてもうた。先週はどんなだったか思い出す。

仲間とランニングしていた日曜日。
出かける前に抜かりなく馬券を買って、自分も走って馬も走って、馬主も儲けて自分も儲けようという魂胆であることは言うまでもない。

埋立地界隈に出向いてせっせと走り、どうも身体が重くて脚へのダメージが大きいな、少し絞らないとあかんなとシャワーで腹の肉をつまみ、JRAのサイトで戦果のほどを確認。

www.bakenbaka.com

◆阪急杯

◎⑧ヒルノデイバロー
◯④ペイシャフェリシタ
▲⑫ディバインコード
△⑥レッドファルクス
△⑰モズアスコット

【買い目】
馬連 ④⑥⑧
3連複 ⑥⑧ー④⑥⑧⑫ー④⑫⑭⑮⑰

【着順】
⑬ダイアナヘイロー
⑰モズアスコット △
⑥レッドファルクス △
①ニシノラッシュ
④ペイシャフェリシタ ◯

まず足りることはないだろうと思われたダイアナヘイローが力上位2頭の猛襲から粘りきって夏以来の重賞勝ち。引退調教師への餞を飾る。

穴決着に期待して広めに構えるも、真っ先に消した馬にこられてはどうしようもない。
ランステーションの更衣室で「ユタカ来んのかよぉ……」と力なくつぶやくばかり。

展開向かなかったのと、競馬の神様が演出したドラマには歯向かえなかったものの、2、3着馬はやはり相当の強さ。本番では有力視せざるを得ないだろうか。
 



◆中山記念

◎④ペルシアンナイト
◯②サクラアンプルール
▲⑤ウインブライト
△⑩アエロリット


【着順】
⑤ウインブライト ▲
⑩アエロリット △
⑧マルターズアポジー
②サクラアンプルール ◯
④ペルシアンナイト ◎

着順横の印を見れば分かる通り、キレイにマルターズアポジーに邪魔された形。
このメンバー・条件で馬券内に粘るとは思わなかったが、前が有利な馬場と、マイネルハニー出遅れのおかげで楽な展開になってくれたか。

条件的に好走必至と思われた本命対抗は伸びてこず掲示板止まり。
後ろからは厳しい展開というのもあるにしても、脚色良さそうに見えたサクラアンプルールが蛯名がケツトントン始めた途端に失速したのを見てしまうと、アレってブレーキになってんじゃねえのと首を傾げてしまうというもの。

ペルシアンナイトは最後の上がりはさすがではあったが、あの競馬しかできないのであれば距離延長、相手強化、阪神内回りの大阪杯も厳しいだろうか。
今回勝ったウインブライトも、初関西輸送でのGⅠとなると買い目に入れるか吟味が必要。


週中にはエンプレス杯も外し、2月は大幅なマイナスで終了。
春到来の3月、こちらの財布の中身にも春風を吹き込ませ、暖かくしたいもの。