にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 チューリップ賞・オーシャンステークス 予想

土曜日に重賞2つという、プレミアムサタデーにも関わらず哀れな社畜は本日も仕事。
しかも、昨晩は順位戦最終局で超絶のメークドラマをぶちかましてくれちゃったおかげで、注目の戦いもあまり検討できていない現状。
もう各場レースをやっている昼休みにようやくブログなんぞまとめている。

サッと予想してサッと当てられれば春に向けて弾みもつくというものだが、果たして。

◆チューリップ賞

◎⑨リリーノーブル
◯⑤ラッキーライラック
▲⑩サラキア
△④マウレア
△③スカーレットカラー

つまらない予想と言われればそれまでだが、まあ阪神JFの上位2頭が抜けてんのかなと。
どちらも桜花賞への賞金は十分で、ここは本番前の叩きと見る向きもあるが、どちらの騎手もここでヘタ打ったら本番の鞍上にはいない可能性もあるということで、しっかり勝ちにくるのではないだろうか。
さすがにGⅠよりは前が楽な流れになるだろうということで、リリーノーブルを本命に推したい。

その2頭に割って入るとしたら、1戦1勝で未知数のサラキアだが、スタートの悪さと未知数であるがゆえの怖さも考えると、ちょっと人気しすぎか。

ならば一定の実績を見せているマウレアやスカーレットカラーの方が抑えるべき馬かもしれない。
 



◆オーシャンステークス

◎③アルティマブラッド
◯⑬ナックビーナス
▲⑪スノードラゴン
△②ラインミーティア
△⑭エポワス

先週の阪急杯以上に、荒れそうな匂いが濃厚に漂う短距離戦。まああちらは結果ちょい荒れ程度だったが、絶対強者不在の今度こそは高配当の予感。
ここは中山巧者の本命対抗に厚く張りつつ、老いてなお壮健な10歳馬やら、夏の狂い咲きと見られている8歳馬やらが飛び込んでくることに期待したい。


仕事を終える頃には、高配当でウハウハとなっているものと思い込み、午後もがんばろうか。