にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 チューリップ賞・オーシャンステークス 感想戦

先週はひたすらダラついてしまい、その前の週の感想戦ブログを書いたのが金曜日という体たらく。週末の検討を始めたのはその後。
こんな何も整ってない状態で3重賞に挑むのも不遜な話。それも土曜日に2つとか時間も足らない。

競馬の神様はそんな奴に微笑みかけることは無いんだなと、痛切に振り返る。

www.bakenbaka.com

◆チューリップ賞

◎⑨リリーノーブル
◯⑤ラッキーライラック
▲⑩サラキア
△④マウレア
△③スカーレットカラー

【買い目】
単勝 ⑨
馬連 ⑨ー④⑤

【着順】
⑤ラッキーライラック ◯
④マウレア △
⑨リリーノーブル ◎
⑩サラキア ▲
⑥レッドランディーニ

仕事の昼休み中に最終検討し、やはり1戦1勝でゲートがきわめて怪しいサラキアよりも、東京では不発だったものの阪神JFでリリーノーブルに迫ったマウレアの方が、仁川における戸崎→武豊という鞍上強化も鑑みると期待を持てるかなと、絞りに絞った買い目3頭に入れる。

意外にもラッキーライラックが好位につけ、リリーノーブルとマウレアがそれに続くという形。サラキアは前評判どおり激しい出遅れ。

こうなると、よほどおかしな流れになるか、サラキアが誰も思ってなかったほどの化物か、マウレアが前走でやる気無くしてない限りは、こちらの絞った3頭で決着になる筈。
問題はその順番。

鞭を打ってるのかビュンビュン見せてるだけなのかは知らないが、激しい動きの鞍上とは対照的な、悠々とした王者然とした走りで好位から上がり最速を出し完勝のラッキーライラック。
前年同じ路線で進んできたソウルスターリングに匹敵するかそれ以上の大本線として桜花賞に向かうものと思われる。
昨年がそうだったように、本番で多少うまくいかなくとも、3着以内は固いように思えるが、果たして。

自分的に2着以内に入らないといかんリリーノーブルは、激しい叩き合いに敗れて3着。
道中掛かり気味でガックンガックンしており、それが最後クビ差になった形か。力的に勝ち馬はともかく、どう考えても2着には足りてたと思われるだけに残念。
マウレアの好走は読みどおりだったが、そんな上手くやらんでも良かったのよ……

かくして、絞った3頭で決まったものの馬券はハズレという結果に。
我ながら大したもの。
 



◆オーシャンステークス

◎③アルティマブラッド
◯⑬ナックビーナス
▲⑪スノードラゴン
△②ラインミーティア
△⑭エポワス

【買い目】
単勝 ③
3連複 ②③⑪⑬⑭
ワイド ③ー⑬

【着順】
⑦キングハート
⑬ナックビーナス ◯
⑩ダイメイフジ
⑨ネロ
④ビップライブリー

こっちはもう、話にならない。
ノーマークだったキングハート、過剰人気かと思ったダイメイフジが洩れてるどころか、10着内で買ってるのはナックビーナスのみで、5頭ボックスのうち4頭が11着・13着・ブービー・ビリというから恐れ入る。

ここまでトンチンカンな外し方をするとむしろ心地良いというもの。
キングハートがここ一年内で速い時計でファインニードルを下してたことなんて露とも知らなかった不勉強な自分をなじる気にもなれず、遠い景色を眺めるのみ。


日曜日は逸物揃いし中山まで出向くか、大人しく引きこもっとくか悩ましく、この流れは絶対やめとくべきとココロは叫びたがっていたものの……