にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 中山牝馬ステークス 予想

ヴィクトリアマイルへと続く戦いの筈であるが、東京1600と中山1800ではかけ離れているのか、近年の結果を眺めるにイマイチ本番にはつながらない感もある重賞である。

時期的に繁殖にあげる牝馬の最後の舞台にもよく使われるとのことで、今回もマキシマムドパリをはじめ、何頭かがここでラストランを迎えることに。
有終の美も期待はしたいが、まずは無事に走りきり、血を次世代に残すという重要なステージへと向かってもらいたいもの。
女傑たちの最後の勇姿。とくと見届けることにしよう。

◆中山牝馬ステークス

◎⑥フロンテアクイーン
◯⑤キンショーユキヒメ
▲④マキシマムドパリ
△①エテルナミノル
 


カワキタエンカは平均以上のペースで逃げる公算が高く、好意抜け出しにしろ追い込みにしろ、しまいまでしっかり脚を使える馬が優勢になるのかなと。
もちろん、ローズSでは差しの効く展開で2着に残ったカワキタエンカ自身もチャンスはあると思うが、前走のヤラズがどう響くか。前走はレース前に消耗したというのが本当なら、初の関東輸送の今回など極めて危ないと言える。

本命は、ここのところの安定具合が目を惹くフロンテアクイーン。
中山は実績があり、適距離は1600かもしれないが、ここでも充分にやれる筈。
ターコイズSではじっと我慢して、前が空いた瞬間反応良く抜け出して勝馬と差のない2着。勝ちきれてないのは気がかりだが、馬券内は固いんじゃないかと。

末脚といえばキンショーユキヒメ。前走愛知杯は体重+20で大敗。絞れてればここは楽しみ。
こういう人気薄を持ってくるのが蛯名という男。期待したい。

今回ラストランになるうちの1頭、マキシマムドパリは明らかに力上位、GⅠと混合戦以外では安定した成績を残している。
先行して粘り強い走りもできれば、前走のように後ろから突っ込んでくることもでき、崩れにくいんじゃないかと。他のトップハンデ組が不安ある中、斤量56でも結果出してるあたりも頼もしい。

そのトップハンデ組の1頭、エテルナミノル。
前走では、後方の馬が突っ込んでくる中、好位から抜けて届かせなかった。
エリザベス女王杯以来の斤量56だけが不安だが、隙をつけるだけの強さは充分にあるかと。

この4頭で馬券構成するか、もう1頭ぐらい付け加えるか考え中。
やっぱ逃げ馬は入れとくか、昨年の勝馬か、それとも……


久々に、仕事の休憩時間にWINS行こうと目論んでいるわたくし。
こんなんでも当てないことには、社畜とかやってらんねっす。