にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 金鯱賞・フィリーズレビュー 予想

土曜日は仕事の休憩時間にWINSに行き膝を落とし、その後の作業もそこそこに、帰りついて日曜の検討しながら寝落ち。
心身が弱ってるのは明白。良いコンディションで週末のレースを迎えるには仕事を辞めるしかないが、そしたら馬券買うお金が捻出できないというジレンマ。

葛藤はよそに、本日はGⅡが2つ。

◆金鯱賞

◎②メートルダール
◯⑨スワーヴリチャード
▲⑤サトノダイヤモンド
△①ヤマカツエース
☆④サトノノブレス

スワーヴリチャードvsサトノダイヤモンドという、新旧ダービー2着馬の激突で注目を浴びているが、どちらも盤石とは言えないんじゃないかと。

最強4歳世代の代表格が得意の左回りということで、かつての横綱を押しのけて一番人気になっているスワーヴリチャードだが、これまでと比べて明らかに調教がゆるい。まずここは叩きではないかと。
皐月賞と有馬記念以外すべて連対しており、連外したその2戦も水準以上の走りは見せている地力は確かであり、出来落ちでもアッサリ勝ってしまう可能性は否めないが。

サトノダイヤモンドは凱旋門賞惨敗で、どうにかしてしまってないかが最大の焦点。
調教で僚馬に遅れをとり続け、相手をベルーフまで下げてやっと先着、調教師も騎手もコメントの歯切れが悪いとなると不安にもなろうというもの。
が、有馬記念でキタサンブラックに勝ち、ちょうど一年前にはシュヴァルグランを問題にせず下していたトップホースを見くびりすぎるわけにはいかない。

ということで、飛ぶ気もするし、あっさり2強で決まる気もするが、ここは直近このコースで実績を残しているメートルダールを本命としたい。
位置どり的にほぼノーチャンスだった関屋記念以外は近走きわめて安定しており、中日新聞杯は早め抜け出しの非常に強い競馬だった。
こういう舞台で着を拾うのが上手い鞍上もここでは頼もしく、3連複の軸あたりにピッタリなんじゃないかと。

王道3つ挑戦し、失意の結果に終わったヤマカツエースも立て直せていれば、2強崩しを十分できる存在。

元来はGⅡ以下できわめて安定した結果を残しており、鉄砲も利くタイプのサトノノブレスも案外侮れないんじゃないかと。
同厩舎2頭出し云々の格言を思い知らされることもないとは言えない。
 



◆フィリーズレビュー

◎⑥アマルフィコースト
◯⑦モルトアレグロ
▲⑨アンコールプリュ
△⑤イサチルルンルン
△①アンヴァル
☆⑰ラブカンプー

先週のチューリップ賞とはうってかわって、各陣営勝機ありと登録が殺到。何だか玉石混淆感のすごいフルゲートとなってしまった。

よって力関係もわかりにくいのだが、モルトアレグロとアマルフィコーストが抜けてるとまではいかずとも力上位と見る。
デムーロから関西の田辺に乗り替わりの前者よりは、何かの力が働いたか騎乗停止一日だけで本日は乗れてしまう浜中の方を本命としたい。

人気のアンコールプリュ、穴のイサチルルンルンはそれぞれ前走左回りの直線長いコースで凄まじい豪脚を見せてくれた。
条件異なるこの舞台でもあの力を発揮できれば勝ち負けあるかと。

逃げ馬ではこれまですべて連対しているラブカンプーが現時点で複勝5倍以上想定となると抑えておきたい。
小倉とはいえ、前走他の先行馬をつぶしての逃げ勝ちは評価できるんじゃないかと。


プロ馬券師になって仕事を辞めるという手もあるだろうか。
もしも今日2つとも当たったりしたら考えてみようか。