にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 毎日杯・日経賞・マーチステークス 感想戦

大一番の高松宮記念以外にも、重賞ことお金吸い取りレースが3つもあった先週末。

まずは土曜日。

www.bakenbaka.com

◆毎日杯

◎④シャルドネゴールド
◯⑦ユーキャンスマイル
▲⑤ギベオン
△①ブラストワンピース
☆⑧テイエムディラン

【買い目】
3連複 ④ー①③⑤⑥⑧
3連単 ④→⑤⑦→⑤⑦

【着順】
①ブラストワンピース △
⑤ギベオン ▲
③インディチャンプ
②ノストラダムス
⑥ウォーターパルフェ

しっかり人気順で無敗馬が馬券内を占めるという結果。ヘタに無い頭を絞って馬券の検討なんてするもんじゃないんだなあと。

本命だったシャルドネゴールドは、番手でレースを進め、よしよしエエ感じやと思っていたところ、直線で粘れず馬群に沈んでいく。
ハナ切ってたウォーターパルフェより下の着順なのはいただけないなあと。

時計の印象よりも前が厳しい流れの中、好位追走していたブラストワンピースはロスなく立ち回ったとはいえ、強さを見せつけての完勝。
皐月に向かわずダービー直行ということで、クラシック王道組に対する裏街道組の一番手としてレースを面白く、そして予想を難しくする存在になることは必至。

さあクラシックだ。興奮しちゃう。
 



◆日経賞

◎⑦トーセンバジル
◯④ロードヴァンドール
▲⑨ゼーヴィント
△⑭キセキ
△⑫ガンコ

【買い目】
馬連 ④⑦⑨⑭

【着順】
⑫ガンコ △
③チェスナットコート
⑪サクラアンプルール
④ロードヴァンドール ◯
⑦トーセンバジル ◎

ロードヴァンドールでなくガンコが逃げる形でおおっ? となり、キセキがスルスル後方から上がってきておおおっ⁉︎ となった2500m戦。
いやでもダービーのレイデオロを彷彿とさせたが、そう上手くいってばかりではない。コーナー抜けたあたりではもういっぱいの模様。
結局ペースを守ったガンコがまた抜き返して1着。2・3着が後方から伸びてきた馬であることを考えると、相当強いかもしれない。またしてもレインボーラインに立ち塞がる強者が出てきてしまった。

期待のトーセンバジル、ゼーヴィントは一瞬いけそうかなと思えたが、いまいちの伸びっぷり。海外帰りと長休明けで万全ではなかったか、はたまた馬場の内側通ったのが失敗だったのか。

強弱つけた馬連で、まず無難に当たるだろうと思っていたが情けない限り。
 


そんで日曜日。

www.bakenbaka.com

◆マーチステークス

◎⑧センチュリオン
◯⑦ディアデルレイ
▲⑬ハイランドピーク
△⑩コスモカナディアン
×⑭クインズサターン

【買い目】
ワイド ⑦⑧⑩
枠連 ④ー④

【着順】
⑧センチュリオン ◎
⑭クインズサターン ×
④ロワジャルダン
⑫アルタイル
⑩コスモカナディアン △

「さすがノリさんッ! 俺たちにはできないことを平然とやってのける! そこにしびれるあこがれるぅ!」と叫んだジョッキーがいたとかいないとか。
よもやのハイランドピークポツンに、現地中山のどよめき、怒号はいかほどのものだったろうか。是非その場に居合わせたかったところ。

かぶりすぎの一番人気がいる場合は、そいつを外したワイドでというセオリーが功を奏したかと思いきや、絞りすぎて、折角印回してたクインズサターンは買っておらず沈没。
ディアデルレイとエピカリスはハイランドピークがいないことで色気を出したゆえの失速だろうか。


てなわけで、3月も散々な結果に終わった。
いや、まだ31日のダービー卿CTがある。ドバイだって現地はまだ3月だ。
何とか好結果を出して、大一番ひしめく4月5月へと繋げたい。