にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 大阪杯 予想

いや予想は決して悪くない。むしろイイ線いっていることが多い。
が、どうにも馬券が取れない。買い方の下手くそさだったり、最後の二択を誤ったり、概ね合ってたものの1頭だけ抜けがちとか、理由は分析できる。
が、それらを超えてただただ自分がギャンブルに必要な勝負運を致命的なまでに持ってないってところに行き着くんじゃないかと。

ドバイでも4戦全敗を喫し、とりあえず宝塚記念まで終わったら一時的な引退もアリかなあなんて弱気に支配されているが、ここらで好転なるだろうか。

◆大阪杯

◎⑤ペルシアンナイト
◯①ミッキースワロー
▲⑮スワーヴリチャード
△⑧アルアイン
△②サトノダイヤモンド

本文の末尾にリンクがある小説もどき内で、この予想となる根拠は大体述べているので、是非お読みいただきたい(宣伝)。
まあ、オッさんのキモい妄想小説を読むほどヒマでも物好きでもないという方が大半とは思うので、ザックリと屁理屈をこねる。
 


まず展開予想としてはかなりの確率で平均以上のペースで差しが利く展開になると踏んでいる。
先行すると見られるヤマカツライデンとサトノノブレスには、いずれも同馬主同厩舎の末脚活かしたい系の馬がいる。それ以上の説明は必要ないだろう。

が、それで利を得るのは、復調傾向もかつてよりズブさを増し、デビュー以来ずっと乗ってたルメールから戸崎に替わったサトノダイヤモンドや、秋の古馬王道すべて大敗のヤマカツエースでは無いと見る。
マイルCS勝ったことでマイルが適距離とされ、それゆえか人気してないペルシアンナイトなんて絶好の狙い目。4歳牡馬で唯一古馬GⅠをとってる馬である。こういう馬が人気してなくてノープレッシャーで乗れる福永祐一は期待できるかと。

最内に入ったミッキースワローは、おそらく腹をくくって内が開くのを待つ競馬をするんじゃないかと。
となると、サトノダイヤモンドとヤマカツエースが2、3番なのはでかい。
これまた内側で追走するであろう仲間への通り道を前述の先行2頭が開ける可能性は否めない。
が、折角の通り道を抜け目なく奪いとれそうなのが百戦錬磨の横山典なんじゃなかろうかと。今回の人気馬アルアインを、セントライト記念では問題にせずやっつけた強さが炸裂すれば。

あとの印はまあ順当なら強いだろうなというところへ。ダイヤモンドは買い目に入れるか迷っている。
無印の注目馬、筆頭はシュヴァルグランだが、まず2000は忙しい筈。
トリオンフは直線坂道では力発揮できない可能性がある上に関西の田辺という実に頼りない鞍上。これで相手超絶強化はつらいところ。


まあこんなところで。

こちらも是非お読みください。今回とりわけくだらんです。

第12話 大阪杯 - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム