にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



阪神牝馬ステークス・ニュージーランドトロフィー 予想

雨風強い金曜日、そして土曜日は朝から仕事で、馬場状態の把握が困難。
哀しき社畜。早く宝くじでもン千万馬券でも当てて、退職届でも叩きつけたいところだが、現実的ではない。
現実的にどうにかしようと考えは巡らすものの、動き出すのはなかなか困難。さすがに無謀な勝負に打って出て、貧窮に喘ぎ、結局高齢フリーターとして時間の拘束は今同様になされ、薄給が更に少なくなってはどうしようもない。

龍が淵に沈むのは何のため……と呟きながら、せめて競馬ぐらいは思い切った勝負に打って出たいなぁと思ったり。

◆阪神牝馬ステークス

◎①ジュールポレール
◯③リスグラシュー
▲⑪ミスパンテール
△⑬ラビットラン
△⑤デンコウアンジュ

マイルでは無類の安定感を誇り、阪神も得意のジュールポレールを本命にしたい。
特穴指定したエリザベス女王杯では大敗だったが、距離の問題でしょうということで。
陣営としても本番が控えているにはしても、是非重賞ウイナーになっておきたいところ。叩きの一戦とは言えないのではと。

後は我が世の春の4歳馬中心にだが、ソウルスターリングについては藤沢厩舎の休み明け輸送、斤量56、秋に牡馬トップクラスとはいえ負け続けたことによるメンタル面など不安要素が大きく、ここでは積極的には買いづらい。

まあ、実力的にも今や肉薄してきたかもしかしたら追い越してるかもしれず、いつでもどこでも懸命に走るリスグラシューの方がここでは有力かなあと。
 



◆ニュージーランドトロフィー

◎⑩ファストアプローチ
◯⑧ラムセスバローズ
▲⑭ケイアイノーテック
△⑤カツジ
△⑥カシアス
☆②デルタバローズ

昨年はジョーストリクトリ勝利など、なかなか一筋縄ではいかないマイル戦。
NHKマイルを目指す馬、というよりは皐月賞に行けなかった馬の戦いといった感の方が強いか。
ちなみに一昨年ここで5着だった馬が菊花賞2着になったり天皇賞秋3着になったりしているので、未来とはわからないもの。

こちらの藤沢厩舎馬・ファストアプローチも休み明けではあるが、こっちは本番を見据えて……なんて悠長なことは言ってられず、ここは勝ちたい筈。
シンザン記念では出遅れがすべて。それでもじっくり構えて外通してればアーモンドアイみたいに伸びていたかもしれず、ここでは巻き返せる可能性あるかと。

一応実績上位の人気どころは▲△付けているが、輸送が初めてだったり、そもそも京都以外走ったことなかったり、展開向かないときにマイル持つか不安だったりと、買いづらい要素もある。

この際そこすらバッサリいって、比較的人気も手頃な◎◯☆で馬券を構成する手もあるかもしれない。

◯☆はWバローズ。
ラムセスバローズは芝ダートともに良績を出しており、馬格もあるんで今日みたいなパワーを要しそうな馬場にはピッタリでは。
デルタバローズはまだ2戦しかしてないが、直線あっという間に脚をなくした前走をいっそ度外視してしまえば面白い一頭。


ああ、仕事の時間や……