にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 アーリントンカップ・中山グランドジャンプ 予想

たいして忙しく仕事してるわけでなし、こうも時間に追われてるのは、即ちムダにしてる時間が膨大であることの証左。
ドラえもんのひみつどうぐに時間貯金箱というものがあるが、ものすっごく欲しい。一週間ムダにした時間を金曜の夜あたりにおろし、競馬の検討に当てることができればどれほど良いだろうか。

◆アーリントンカップ

◎①パクスアメリカーナ
◯⑫ラセット
▲②インディチャンプ
△⑩エアアルマス
△⑤タワーオブロンドン

今年から施行時期が変わり、NHKマイルカップトライアルとなったということで、過去の情報とかはあまりアテにならないのだが、過去の勝ち馬を見るとなかなかに豪華メンバー。
近年はペルシアンナイト、ミッキーアイル、コパノリチャード、ジャスタウェイ、レインボーラインといったGⅠ馬がズラリ。
……いやレインボーラインはあくまで予定ではあるけど。

一週前の桜花賞と同じ阪神マイル戦。あまりへんちくりんな結果にはならず、力勝負になるのではないかなと思うのだが、その力関係がトンとわからぬから困ったもの。

実績では重賞勝利、今回と同舞台のGⅠで3着と、タワーオブロンドンが頭2つぐらい抜けているが、藤沢厩舎の休み明け・輸送・賞金充分と三拍子揃ってしまっている。ここは抑え程度が吉かと。

前から後ろから強い競馬で連勝中のパクスアメリカーナを本命に。
時の人・次代の主役にまでなりつつあったところ、いきなり大殺界ばりに巡り合わせが悪すぎる中内田師が、諸々たまっている鬱憤を川田とともに土日両方の阪神メインで晴らしたいという気持ちは強いんじゃないだろうか。

ラセットは穴っぽくなってるが、ダート走った新馬戦以外すべて馬券内で上がり最速。調教も良い感じに見える。

本命対抗は阪神初出走が結構な不安点。
となると、実力上位馬でコース実績もあるインディチャンプの方が確実とも見てとれるか。
ここ2走の上がり33秒台は目を惹くが、馬場が渋りそうで、ペースもある程度は流れそうな今回はどうだろうか。

どえらい強さで未勝利勝ってから取消もありつつ4ヶ月ぶりに登場のエアアルマス。もしルメールが乗ってたら2〜3人気にはなっていたのではないだろうか。
もしかしたら、ここが妙味うまうまで買える最初で最後のチャンスだった……終わってみればそんなことになる可能性もあるかも。

うーむ。わからん。
 



◆中山グランドジャンプ

◎⑥オジュウチョウサン
◯⑨アップトゥデイト
▲⑤ルペールノエル
△③ニホンピロバロン
☆②シンキングダンサー

まあ普通に考えて、オジュウチョウサンとアップトゥデイトは決まりで、3頭目はなんだろう? というレース。
東スポなぞ見ると看板記者3名がこぞってアップトゥデイトを本命にしており、まあ暮れの中山大障害の名勝負からの流れ、引退表明している林騎手のラストGⅠであることなどを考えると、そういうドラマもついつい夢見たくはなるところ。

が、着差としては0.1差の大障害も勝ち馬がきっちり前を捕まえきったレース。やはり力の差は歴然なのではないだろうかと。
オジュウチョウサンが負けるとしたら、調整を深刻なレベルで失敗してしまったか、レース中のトラブルのみ。後者を願う者に競馬をやる資格はない。
叩きを使えず鉄砲になってしまったことで、オジュウに付け入る隙アリと見る向きもあるが、個人的にはやはり王者は揺るがないんじゃなかろうかと。

それよりも何よりも、明日の天候はまた春の嵐となる模様。そんな状況下で障害レースをやって危険が増したりはしないのだろうか?
もし事故の可能性が上がるのであれば、躊躇なく中止の英断を下してもらいたいところだが、現実的には難しいだろうか。
喜々として馬券なぞ買ってる人間が偽善的なことを言ってもしょうがないのだが、全馬無事にゴールしてくれることを祈りたい。


なお当方は明日も仕事。
踏み切ってジャンプの決断を下し、こんな人生変えることができないものだろうか。