にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 福島牝馬ステークス 感想戦

福島競馬場初来訪。
札幌や新潟での経験上、ローカルの重賞デーはGⅠ並の混雑が予想されたのだが、こちらは存外というか、程良い感じの入り具合で、指定席とる必要もなかったかなと。

それにつけても、初めて訪れる競馬場というのはテンションが上がるもの。
自然に囲まれた、風光明媚な場所であれば尚更のこと。

こんな素敵な場所がまさか魔境だとは思っておらず、不用意に足を踏み入れてズタボロにやられるヘタクソ馬券師がおったそうな。
まあその辺りは旅打ち日記で詳しく触れるとして、逆転を賭したご当地重賞。

www.bakenbaka.com

◆福島牝馬ステークス

◎⑪ワンブレスアウェイ
◯⑤トーセンビクトリー
▲⑨ブラックオニキス
△④カワキタエンカ
△⑥ゲッカコウ

【買い目】
ワイド ⑤⑨⑪
3連単 ⑪→⑤→⑨⑫,⑪→⑨⑫→⑤

何が飛び込んでくるかわからないんで、ワイド主体で。
印付けなかったものの、デンコウアンジュ来そうだなと3連単の夢追い馬券には組み込んでみる。
明らかにさほど競馬に興味ないプレゼンターの方が名前が良いからと推してたときに再考に及んだことは秘密である。
 


【着順】
⑦キンショーユキヒメ
④カワキタエンカ △
⑫デンコウアンジュ
⑨トーセンビクトリー ◯
③レイホーロマンス

ペースはさほど速くならない、まして福島なんで前が残りやすいという読みは正反対。
コース替わりとはいえ開催最終の福島は割と差しも決まりやすく、このコースとレベルから考えるとそれなりに流れたペースになってしまい、後方からの末脚自慢が力を発揮。
そういや去年もこんな感じだったか。

とはいえ、そんな中でキンショーユキヒメがアタマまで来るのは完全に考慮外。
府中牝馬S、愛知杯、中山牝馬Sと厚めの印を付けて悉く裏切られ、ここで来るんかいと。
ていうか、オレのせいなのだろうか……

秋山騎手の全10場での重賞制覇達成がかかっているというのは事前に聞いていて、もしかしたらとは思っていたのだが、手を回すことはできなかった。
残念。そして秋山騎手はおめでとうございます。

この展開ならデンコウアンジュやレイホーロマンスの上位進出はまあわかるとして、2着に粘ったカワキタエンカはやっぱり強いんやねと。
本番ヴィクトリアマイルでは、今回より厳しい舞台に見せかけて、潰し合い覚悟で競りかけてくる馬がいない分、却って展開が向く……とかあるかもしれん。要注意。


こちらは痛い目に遭わされたのだが、デンコウアンジュ本命のプレゼンターの方は当たったのだろうか。

まあ多分馬券なんて買ってないだろけど。

競馬好きでない芸能人がこういう仕事を受けるなとは思わないけど、極力競馬好きの人だけにオファーかけるようにはしてほしいなあと。

小倉でプレゼンターやってた本郷奏多は俄然好きになったもん。