にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 天皇賞(春) 予想

自分が競馬にハマったのは、二年前の天皇賞春の日に、何となく自転車漕ぐ目的地として東京競馬場を選んでみたのがキッカケということは、何度となくこのブログでも書いてきた。

二周年のメモリアルデイのビッグレースに、愛してやまないレインボーラインが今年も出走ということで、京都現地に行きたいのはやまやまだったが、先週福島に行ってしまったりもしたので今年は断念。
遠い府中の地からエールを贈りたいのだが、昨今いよいよ時間的に厳しくなってきた小説もどきを書き終えたのが日曜の朝方。
何とかひと眠りした後に府中に向かう元気があれば良いのだが。

◆天皇賞(春)

◎⑫レインボーライン
◯⑩サトノクロニクル
▲⑪シュヴァルグラン
△⑧クリンチャー
×②チェスナットコート
 


GⅠ馬が1頭のみという些か寂しい顔ぶれになった今年の春の盾。
17頭立てということで、もう1枠にサトノダイヤモンドの名前があり、復活を期していればどれだけ盛り上がりが増したことか。てか普通に最有力馬だったんじゃないかと思う。

まあいない馬のことをどうこう言っても仕方がなく、このレースの顔ぶれを眺めると、まずやはりシュヴァルグランの実績が図抜けている。
人気どころのレインボーラインやアルバートを、まともな状況下では悉く下してきており、通常ならここでの逆転は考えにくい。
大阪杯での大敗は気になるものの、不向きな距離での明らかな叩き、スタート後躓いて、直線不利があったことを考えると、あまり気にしてはいけないのかなと。万一を考え軸にはしないとしても、抑えておく必要は絶対にある一頭。

そんなシュヴァルと逆転を望みたいのが我らがレインボーライン。
どうしても後ろからの展開待ちになりがちなこの馬にとって、高速決着の可能性高く、なぜか先週より差しが決まりにくくなった馬場は極めて厳しい条件ではあるが、+10キロで出てきてぶち抜いて勝った前走阪神大賞典に、本格化を夢見たっていいじゃないかと。
まあそうでなくても、展開向くか、3コーナーでうまく進出できれば勝ち負けあるんじゃないかとは思う。

ロードヴァンドールが阪神大賞典に出てたら好走できただろうかと考えると、どうしても日経賞組より阪神大賞典組を高く見積もりたいところ。
最後グッと伸びて長距離への不安を払拭したサトノクロニクルと、掛かってなお強しだったクリンチャーの4歳馬には、レインボーといえど油断はならないだろう。

チェスナットコートは内枠に入ったクセモノに京都長距離の蛯名ということで、非常に不気味。またこの馬も4歳馬、伸び代もあると見る。


他に気になる馬もいるが、こんなところで。
愛馬が勝って、こちらも勝てれば最高なのだが。


朝まで書いてた小説もどきはこちらです。
第15話 天皇賞(春) - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム