にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 NHKマイルカップ・新潟大賞典 予想

余談から入ってしまうが、NHKの受信料はきちんと支払っている。
独り暮らし始めてほどなく、契約を迫るゴロツキが家に押しかけてきた際、まあ将棋のNHK杯やら大河ドラマやら結構見るほうだしええかと思ってしまった次第。

時を経て今。
報道やらバラエティ番組やらを眺め、二年ぐらい前に渋谷のバーで出くわしたNHK局員といういけすかない人物を思い出すにつれ。
即刻テレビを破壊して、契約を解除したい衝動にかられるところ。

まあ、余談はさておいて、せめてNHKマイルカップぐらいは的中させないと間尺に合わんわという気持ちもありつつ。
一昨年このレースで出会ったレインボーラインのような素敵な馬に会えるかしらんと、おめかしして府中まで出向く次第。

◆NHKマイルカップ

◎③テトラドラクマ
◯⑦タワーオブロンドン
▲⑤プリモシーン
△⑰レッドヴェイロン
☆⑱ロックディスタウン
 


あまり専門家筋の予想を、良い方にも悪い方にも参考にすることは少ない身としては、多くの人がテトラドラクマを推していることが、オッズの動き的に困るところではある。
とはいえ、厳しい流れを先行して完勝したクイーンCの走りや、昨今の牝馬優勢の情勢を考えると、むしろ3番人気にとどまりそうなことは幸甚ととるべきだろうか。
出遅れさえしなければ良いが、田辺はゲート割と下手なイメージもある。ここはロゴタイプばりの騎乗を見せてもらいたいところ。

相手筆頭はやはり過去馬券外なしのタワーオブロンドン。
藤沢厩舎の休み明け輸送で低く見積もっていた前走であれだけの強さを見せられてしまうと、ここは素直に有力視せざるを得ない。

前走桜花賞ではスタート悪く、直線進路がなかったプリモシーンはもうちょい人気落とすかと思いきや、これまた妙味薄し。
とはいえ、前走は展開もさることながら、そもそも休み明け輸送で、シルクとしての期待馬は他にいて、阪神の戸崎だったことなどを考えると、東京の戸崎という別人に乗り替わった今回は強い可能性大なんじゃないかなと。

末脚勝負なんてことになったら、レッドヴェイロンも面白い。前走見るに東京ではパクスアメリカーナより期待できそうに思えるが、ここは妙味に勝る。

最後に、この馬に関しては9割方もう切り捨てるべきだと思いつつ、てか現に前走前々走は切って大正解だったのだが、ロックディスタウンが気になって仕方ない。
前走は転厩初戦の休み明け+10キロ、藤沢厩舎ならではのゆるゆる仕上げ、終始掛かりっぱなしと、言い訳が立ちすぎてしまう。
それにつけても負けすぎだろうとも思えるが、あそこまでの大敗は、むしろ度外視で良いような気もする。
ここ2年勝ち馬はサンデーレーシングの牝馬、オルフェーブル産駒にGⅠ男池添騎乗、マイルカップではよく馬券になる桃枠、マイルカップにおける10番人気以下が馬券になる頻度の高さ、前走1番人気が大負けして人気落としたら買いの法則、東京大好き藤沢和雄など、ついつい大外のマークシートを塗りつぶしたくなってしまうところ。

一方で、いやいやそんなの幻想だよ、調教で復調の気配が見えたか? そもそも昨夏に強かったときの相手関係はどうだったんだ? だったらギベオンとか抑えとくべきなんじゃないか?
などという冷静な声もしてきたり。

ともあれ、今しばらく頭を悩ませようと思う。

◆新潟大賞典

◎⑬ステファノス
◯①スズカデヴィアス
▲⑫マイスタイル
△⑦カレンラストショー
△⑧ハクサンルドルフ

こちらは印だけ。
まあ休み明け海外帰り叩きは手抜きの定評のあるステファノスではあるが、ここではさすがに格上。テン乗りとはいえ和田騎手を配しているあたりも勝ちにきてるのかなと。


kakuyomu.jp