にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 NHKマイルカップ 感想戦

基本的には競馬に限らず大体常にぼっち行動のおじさんなのだが、この日曜日は仲間4人で連れ立って東京競馬場。
実に合計年齢150歳に届かんという、まごうことなきおじさん集団である。

平場がまあ相変わらず調子が悪い。
せめて仲間が当たってくれればテンションも上がりもするのだが、雁首そろえて空振り続きのおじさん集団。
集合した時の盛り上がりはどこぞに消え失せ、こうなればメインのGⅠで取り返したると、目を血走らせる。

www.bakenbaka.com

◆NHKマイルカップ

◎③テトラドラクマ
◯⑦タワーオブロンドン
▲⑤プリモシーン
△⑰レッドヴェイロン
☆⑱ロックディスタウン

【買い目】
馬連 ③⑤⑦
3連複 ⑦ー③⑤⑯⑰⑱/③⑤⑦ー③⑤⑦ー⑤⑨⑯⑰⑱
3連単 ③→⑤⑦⑱→⑤⑦⑱

3連複の抑えには、やはり怖すぎるギベオン・デムーロと、調教がやたら良かったミスターフクナガメロディを入れておく。
なお、現地にいながら、客席にて血眼になって買い目を検討していたため、ロックディスタウンがパドックでひっくり返っていたことはつゆ知らず……
まあそれがなくてもやっぱ冷静に考えたら無理があったかなと。
 



【着順】
⑪ケイアイノーテック
⑨ギベオン
⑰レッドヴェイロン △
⑯ミスターメロディ
⑤プリモシーン ▲

競馬ってなんて難しいんだろう。
時計だけでいえば昨年よりも若干であるが遅めのペース。が、前が残った昨年と異なり先行馬はほぼ壊滅。
馬場とか、並んで併せ馬状態になってるかなってないかとか、後ろにも脚を使わせてるかどうかとか、色々あるんだろうが、競馬というのは単純じゃないなあとつくづく。

今回一番人気のタワーオブロンドンと朝日杯で互角に走っており、トライアルでも1番人気2着というケイアイノーテックを甘く見すぎていたきらいはある。
が、それにしてもほぼ最後方からの競馬でああも見事にぶち抜くとは。
今年は結実の年になるのではと囁かれていた藤岡佑介騎手がGⅠ初制覇。
馬券的には悔しいが、池添騎手や川田騎手らに祝福され、嬉しそうにしている姿を見ると、こちらもおめでとうと言いたくなる。

好位から勝ちパターンだったギベオン、決め手勝負ならチャンス有りだったレッドヴェイロンは、それぞれ強さを見せたが、制裁を課されるレースぶりで、是非はともかくとして騎手の特徴の一つとして予想の材料としなくてはいけないなと。
てかレッドヴェイロンの斜行ぶりはなかなかのレベルだったと思うのだが、罰が軽すぎるのでは。

一方こちらの本線はまるで来ず。

たとえ前が厳しくても唯一残るんじゃないかと思えたテトラドラクマは、見事に沈没。疲労があって桜花賞回避という事実をもう少し重く見るべきだったか。

もう一方、本命以上に3着内は固いと思われたタワーオブロンドンは、中団やや後ろの方でジョギングに終始。
そこまでダダ詰まりではなかったと思うのだが、内側窮屈な競馬で馬が伸びていかなかったか。かなり早めの段階で鞍上が追うのをやめて馬也みたいになってたのを見るにつけ、買ってる側としては憤懣やるかたなし。
 


これでNHKマイルカップは3年連続撃沈。
仲間たちもまったくかすりもせず、自分としては最終レースで少し取り戻したものの、帰りの電車は渋面が4つ。
合計150歳の渋面は、決して爽やかなものではなかっただろう。

予定していた勝利の宴は、ヤケ酒反省会へと急遽変更。ビールのアテに焼鳥やら手羽先やら鶏のお造りやらつまみ、来週のリベンジを誓う。

まあ、勝とうが負けようが旨いものは旨い。


こちら、澤多莉さんの逆神ぶりもなかなか壮絶だなと思う今日この頃。

kakuyomu.jp