にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 京王杯スプリングカップ 予想

昨年はどう考えてもサトノアラジンが馬券内は外すまいと購入したら大惨敗。何だよありゃとブチブチ文句言い、その次の安田記念では切ってたところ快走されてしまい、本命で心情的にも応援していたロゴタイプが差されてしまったのは忌々しい記憶。いや感動的なレースではあったけど。
もうアレから一年かと例によって呆然としつつ、今年は今年で人気どころも危うい感じがしてどうしたもんかのフルゲート。
当たる気がしねぇ。

◆京王杯スプリングカップ

◎⑮ダンスディレクター
◯⑭ビップライブリー
▲⑰キャンベルジュニア
△①サトノアレス
△⑤ムーンクエイク
☆⑫テオドール

普通に考えたらサトノアレス、ダンスディレクター、それと復活成ればグレーターロンドンが有力なのだろうが、どれも案外走らなくてもさほど不思議ではない程度の信頼度。
 


じゃあまあ本命は好みも加味してってことでダンスディレクターをチョイス。阪神Cでサングレーザーやモズアスコットを上回り、有終のイスラボニータに肉薄した強さが出せればぶっちぎりもあるかと。

ビップライブリーは馬柱パッと見はイマイチ君だが、実はOP上がってからもそれなりに走っている。何かの弾みで上位進出もありえるかと。

前走ダービー卿CTでは唯一先行馬で残る強さを見せたキャンベルジュニア。1400使った3走はことごとく惨敗しているが、重馬場だったり輸送の上に超ハイレベルな時計だったりと言い訳は効く敗北ばかり。
それなのに前走は買えずここで買うのが後追いの愚か者なのかもしれないが……
調教イマイチっぽく見えるのは気がかり。

藤沢厩舎2頭出しだが、格下と思えるムーンクエイクにルメール、サトノアレスにはテン乗りの蛯名というのが非常に気になる。
ムーンクエイクはこれまで掲示板外なく、前走かかっていた上に直線入りで他馬にぶつかったりでも勝負になっていたので、距離短縮のここでは期待だろうか。
サトノアレスも距離短縮が向いていれば当然有力な1頭。

グレーターロンドンの取捨は迷うところであるが、だったら前走で同型の競馬して上回ってたテオドールの方が人気薄で買いかなぁと。
グレーターロンドンのあの末脚復活も見てみたい気持ちもあるのだが。

他にも気になる馬はチラホラと。
何をどう買ったものか。ボチボチ重賞でも『見』という選択肢を取り入れるべきだろうか。