にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 ヴィクトリアマイル 予想

春の女王決定戦。
おっさん馬券師を魅惑してやまない名牝候補たちがズラリと揃っており、もう興奮していてもたっても。
しかも今年は4歳世代が10頭と、うら若き乙女たちの競演といった様相も呈している。

翌週のオークスを仕事で現地観戦叶わぬ身としては、雨が降ろうが嵐だろうがオンナノコたちの戦いを生観戦せねばならぬと東京競馬場へと赴く所存。
もはやいっぱしのドルオタと言えるかもしれない。チェックのシャツをしっかりズボンに入れて、バンダナ締めてリュック背負って行ってくることにしよう。

◆ヴィクトリアマイル

◎⑪アドマイヤリード
◯⑯リスグラシュー
▲④ジュールポレール
△⑩アエロリット
△⑦カワキタエンカ
☆⑤レーヌミノル
 



正直強いのは人気3頭、アエロリット、リスグラシュー、アドマイヤリードだとは思う。
その馬連ボックスで高確率で当たるんじゃないかなあと。

が、前日時点で1番人気のアエロリットについてはやはり気掛かりなのが鞍上交代。
戸崎かよーじゃあ買わねーなんてことを言うつもりはない。ネットなどでは揶揄されがちだが彼とて一流の騎手、技術が劣るなどとは思っていない。
が、やはり新馬からずっと同じ騎手だった馬が、いくら調教では跨ってるとはいえ、レースで今までと違う人が乗って、100%のパフォーマンスを発揮してくれるかどうか。
また、重馬場で距離も合わなかったというエクスキューズはあるものの全然粘れなかった秋華賞の負けぶりは気になるところ。その後の中山記念にしても、あの時期異様に前残りだった中山でギリギリの2着。NHKマイルの好時計を好材料とするなら0.2差のリエノテソーロも拾わねばならないのに、そっちは17人気。
当然切ることはできないが、案外も覚悟すべき1頭かなと。

本命にしたアドマイヤリードは、詰まり気味で追い出し遅れて惨敗の東京新聞杯はとりあえず度外視。
前走リスグラやミスパンより2㎏斤量背負いながらも互角に走ってた阪神牝馬Sを見るに、ここでは期待できるかと。ミルコ騎乗のもと好位からの競馬を試せたのも大きい。

距離長いオークスとエリザベス女王杯以外すべて馬券内のリスグラシューだが、鞍上の名手が先行馬に乗ってるときほどの絶大な信頼感はおけず、てか強引な位置どりはしないため、昨年エアスピネルやそれこそオークスでこの馬で陥ったような、なかなか追い出せない競馬になってしまう恐れもあるかなと。
もしユタカさんがアエロリットに乗っていたら、おそらく印は上がっていたと思うが。

昨年3着のジュールポレールは、今回逃げるカワキタエンカと番手につけるであろうアエロリットを好位で見る競馬ができれば面白い1頭かと。

もうお疲れなのではと囁かれてるカワキタエンカだが、スローに落とせたときはもちろん、それなりに流れたペースで逃げても粘り強い。
明らかな差し有利の馬場・展開でも残ってしまうことしばしば。
調教ゆるすぎるのがどうかなとは思うところだが。

マイル実績ではレーヌミノルも侮れない。スプリント試したことが悪い方に出なければ。

他にも昨年2着のデンコウアンジュやら、実績馬のレッツゴードンキやら気になる馬はチラホラ。
どう買うか。ああでもないこうでもないと非常に迷っている次第。女に振り回されるなんて幸せなことだと思うことにしよう。


女の人に振り回されるといえばこちらも
kakuyomu.jp