にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 オークス 予想

優駿牝馬ウィークの土日ともに仕事。そんな不条理がまかりとおるというのだから世の中は怖い。社会になんて出たくなかった。

東西メインだけ買っていた土曜日、競馬に絶対なんてないということを痛感。
日曜日もあの馬とかあの馬とかが着外に吹き飛ぶなんてこともあるのだろうか。

◆オークス

◎⑬アーモンドアイ
◯①リリーノーブル
▲②ラッキーライラック

いやいや固く収まるだろうと。桜花賞の上位3頭以外用はないと。
別に思考停止してるわけではなく、一応全馬つぶさに検討しての結論。
 


なんだかんだ考えを捻ったところで、桜花賞の映像を見返すと、いやいやどう考えてもこの馬がナンバーワンだろうと。それほどまでに衝撃的な強さだったアーモンドアイ。
距離不安なども囁かれているが、それはほとんどの馬が同様で、この馬だけ担保がないというわけではない。
父は偉大なスプリンターだったので長い距離もたないという論もあるが、そもそも父さん長い距離出てないじゃんと。それに、キタサンブラックって知ってる? という話になってしまう。
馬券テク的に人気馬を嫌うというやり方を用いている人以外は、最低でも抑えとかねばならない1頭だろう。

もしアーモンドアイがいなかったらという世界を考えたら、間違いなくラッキーライラックが覇権を握り、今頃は三冠候補と言われていただろう。
更に上の怪物どころか、この馬に対しても逆転できそうな馬は見当たらず、唯一可能性があるとしたら3戦3敗も桜花賞では迫る脚を見せたリリーノーブルぐらいだろうか。調教で走り過ぎの感もあるが、究極仕上げかもしれない。

白枠2頭が内枠を利して、距離ロスなく好位で回り、抜け出たところにアーモンドアイが迫って来るという展開に、割って入れる馬はいないのではと考えている。
サトノワルキューレはじめ別路線組はそもそも戦ってきたレベルを疑問視している。


さて、ぼちぼち仕事に行かねば。
身体は職場に、心は府中に。


第18話 オークス - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム