にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 オークス 感想戦

日曜なのに仕事。競馬なのに仕事。優駿牝馬なのに仕事。
この哀しみをどうすりゃいいの誰がぼくを救ってくれるのと思わず口ずさんでもしまおうというもの。

救いだったのは、会社ではなく自宅のほど近くの現場での勤務だったことだろうか。
うまい具合にメインレースの頃合いに休憩をとり、自宅に戻ってオークス観戦と、ある意味ゼイタクな振る舞い。

www.bakenbaka.com

◆オークス

◎⑬アーモンドアイ
◯①リリーノーブル
▲②ラッキーライラック

【買い目】
馬連 ①ー②⑬
3連複 ①ー②ー⑬

桜花賞のトップ3以外は完無視。抑えることさえせずに少点数で大勝負。
馬券的な本命として軸にしたのはリリーノーブル。大本命との馬連でもそこそこ付いてくれる。
実績・人気的には一番可能性の高いアーモンドアイとラッキーライラックの馬連を抑えてしまうと購入額の大半を割かねばならないので、その場合でも川田は3着は外さないだろうという考えのもと3連複を厚めにいく。

さあ、仕事の休憩中にシュビドゥバとなるか。
 



【着順】
⑬アーモンドアイ ◎
①リリーノーブル ◯
②ラッキーライラック ▲
⑩レッドサクヤ
③マウレア

◎→◯→▲→福永→武という、考えうる理想的な結果。やはり桜花賞組が強く、別路線組は用無しだった。

サヤカチャンが速めのペースで行き、間あけての番手だったランドネが平均ぐらいか少し緩めのペースだったろうか。
それに続く形だったリリーノーブルは実質的にきつくない流れでの番手に付けていたようなもので、理想的な運びだったのでは。

ラッキーライラックはその後ろに位置をとったが、これが何とも勝負の妙というか、終わってみればだが、間違いなくこの馬がやるべきだったのはリリーノーブルがやった競馬。
推測でしかないが、厳しい流れを先行して、勝ち馬に簡単に交わされた桜花賞の反省を踏まえ、陣営か鞍上は前走より少し控えた位置で脚を溜めようと考えたのではないだろうか。
結果的に、逃げ馬を度外視すればペースは厳しいというほどでなく、府中の速い馬場においては積極的に行っといた方が良かったという結果だったのではないだろうか。

とはいえ、そんな展開のアヤも圧倒的強者の前では関係なし。
発汗が目立っていたアーモンドアイは、レースが始まるや掛かり気味に好位まで進出しての競馬になる。程なく落ち着いた感じにはなったものの、オイオイ大丈夫かよコレ、もしかしてあの末脚は今回は見られないんじゃないのと一抹の不安。
しかし直線、シロウトの杞憂など吹き飛ばす豪脚。この馬をマークしていたサトノワルキューレ、マウレアあたりはあっけなく置いていかれ、ラッキーライラックもリリーノーブルも簡単に交わされてしまう。
ルメールが振り向いた瞬間、後ろの川田もああもうあかんわと追うのをやめたのが印象的だった。
 



馬券的には馬連2点、3連複1点でW的中という実にシュビドゥバな結果。

まあ◎→◯→▲決着なので3連単とれたなぁというのはあるが、結果的にアーモンドアイ頭なら同額を3単ボックスに注ぎ込むより3複1点の方が戻りは良いし、ラッキー軽視する形で強弱付けるのもなかなか難しかったのでここはこれで良しということで。
ダービーの資金もでき、重畳至極といったところ。

後年まで歴史的名牝の歴史的な戦いと語り継がれるかもしれないレースを現地で観れなかったのは残念な限りではあるが、休憩明けの作業はまあ捗る捗る。
同僚の女性に「競馬の勝ち方知りたければ教えてあげますよ?」とか言って「図に乗るな」と言われる始末。
こんな日ぐらい調子乗らせてくださいな。


こちら先週にひきつづきカップル馬連が的中。
神小説と言われる日も近いだろうか。
kakuyomu.jp