にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 平安ステークス 感想戦

ごくごく稀にマグレで多少の払戻を手にしたところでイイ気になっていたら、あっという間にそんなものはむしり取られる。
学ぶべきは負け戦から。土曜日のまず間違いないだろうと思われた、自分も疑いなくそう思っていた大本命が吹き飛んだ一戦を振り返る。

www.bakenbaka.com

◆平安ステークス

◎⑥グレイトパール
◯①ミツバ
▲⑩クインズサターン
△⑤テイエムジンソク
△⑬ナムラアラシ
☆②コスモカナディアン

【買い目】
3連複 ⑥ー①②⑤⑩⑬

相手によって強弱つけての3連複。何頭か怖いのもいるが、デムやらルメやらが来てしまったらまあしゃあないでしょうと。
仕事から帰って、ウイニング競馬の録画にて視聴。大久保元調教師と印がほぼ一致していて、心強いやらどうなのかと思うやら。
 



【着順】
⑨サンライズソア
⑭クイーンマンボ
⑩クインズサターン ▲
①ミツバ ◯
⑥グレイトパール ◎

というわけで、見事に切ったデムとルメで決まる。この二人の馬連で5,940円付いたのだから、問答無用で外国人騎手買いの戦術をとってる方はさぞかしウハウハだったであろう。
サンライズソアはムラがある上に好走時も今回ほどの相手を下してはきていないと、クイーンマンボはこのレベルの牡馬相手には通用しない可能性が高いと判断し切っていた。不明。

こちらの本命対抗だったグレイトパールとミツバに関しては、ワンツーを決めた前走アンタレスSと似たようなレース運び。中団より後ろ目から早めに進出し、そのまま押し切ろうという競馬に打って出る。
が、アンタレスとは相手関係のレベルが違っていたか、状態が整っていなかったか。結果は同じようにはいかなかった。
ハナをとって気持ちよく走っていたサンライズソアはつかまらず、同じように進出してきたクイーンマンボには叩き合いで劣勢となり、後方で我慢していたクインズサターンに今回は差されてしまう。

一方のテイエムジンソクは、抜群のスタートから、アタマを譲って控える形になったのは狙いだったのだろうか。結果としては控えて力を出せるタイプではないことが明確になった掲示板外。
鞍上変更を推す声も増えてきているようだが、まあやむ無しなのかなと。果たして見返せるか、見返す機会は与えられるか。帝王賞出てくるなら注目はしたい。


というわけで、競馬って怖いなと。
絶対に来る馬なんていないし、思い通りになんて走ってくれやしない。

次代のダート界を引っ張ると思われた2頭は、このままズルズル沈んでいくか、挫折を乗り越え再び頂へと駆け上っていくか。
もちろん後者であることを期待したい。