にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 葵ステークス 予想

ダービーウィークももう週末。
オークスでなかなかの勝利を得ることができ、モチベーション高く、競馬の祭典に向けてああでもないこうでもないと考え続けてきた一週間ももう終わりのとき、つまりは狂騒の2分半を迎えようとしている。

どうしてもダービー中心というか、そればかりに頭がいってしまうのはやむを得ないところ。
他のレースの検討をしてみても、ついついやっぱワグネリアン本当は強いか、ダノンプレミアムの不安要素など幻影に過ぎないかなど考えてしまい、気もそぞろ。

土曜の新設重賞である3歳スプリント決戦。ゆくゆくはダービー前日の名物レースとなるかもしれない。
桜花賞組がもっと出てくるか、中2週で厳しいがマイルカップ組の参戦なんかもあればより盛り上がりそうだが、まあとりあえず今年はその前の第一歩。OP特別時代とあんま変わらんじゃんとか言ってはいけない。
 


◆葵ステークス

◎⑩アンヴァル
◯②アサクサゲンキ
▲⑭トゥラヴェスーラ
△⑬タイセイプライド

なにぶん京都内回りの短距離戦ということで、紛れはあろうかと思う。
が、まともにいけば◎と◯が抜けた力を持っており、それらを凌駕する可能性があるとしたら▲かなと。

アンヴァルは桜花賞でこそしんがり負けだったものの、フィリーズレビューの0.1差4着は今回の出走馬の中では出色の実績。
この距離ではポンポンポンと3連勝しており、巻き返しは必至。
このレースを勝ち、後に世界の短距離王へと登りつめたロードカナロアの子が、重賞昇格初年度を制すことになれば、こんなに収まりの良いことはないだろう。

実績最上位は、重賞【1.1.1.1】のアサクサゲンキ。馬券外になったのはマイルGⅠの朝日杯のみで1400以下なら安定感抜群。
久々の1200でカンが鈍ってなければまず勝ち負けかと。

500万下で話にならない惨敗二つを経て、距離を1200に縮めたところ覚醒した感のあるトゥラヴェスーラ。持ち時計も優秀で、実績上位馬を負かす期待は抱けるかと。

ファルコンSでアサクサゲンキと0.1差のタイセイプライドも抑えておきたいところだが、そうなると人気4頭になってしまうしどうしたものかなと。


さて。これ当ててダービーの弾みにできるかどうか。