にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 鳴尾記念 予想

もう週末。あっという間に週末。
春のGⅠシーズンを前にして、あんなにも高まっていたのがつい昨日一昨日のようだが、もう関東でのGⅠ締めくくりの週末。
月日というのはいつでも僕を置き去りにしていく。

鳴尾記念。みぞおち記念ではないのであしからず。
宝塚記念の前哨戦的レースだが、昨年はここ使って宝塚に臨んだのは5着だったスピリッツミノルのみと、いくら戦前の下馬評ではメチャ強だろうと思われた化け物がいるからってそりゃないぜな塩梅だった。
今年はどうなるか。余談だが、鳴尾から宝塚に向かうには路線図だと今津で乗り換えて一本に見えるが、実際は西宮北口で乗り換えねばならないので注意が必要。

◆鳴尾記念

◎②トリオンフ
◯⑩ストレンジクォーク
▲⑤トリコロールブルー
△⑥マルターズアポジー
 



開幕週の阪神内回り。通常なら前を行く馬を中心に考え、絶対逃げるマンのマルターズアポジーが、とりわけ逃げだと上手いことやる名手を鞍上に迎えており、普通なら厚い印を打ちたいところ。が、極力逃げるマンのヤマカツライデンが1枠1番にいるのが厄介。
小倉大賞典を見る限り、ライデンが譲って番手に収まるというのは考えにくく、この2頭はやり合って消耗し合う展開が濃厚。
武豊と松山の力関係というのもあるが、松山騎手はああ見えてなかなか気骨のある男、この枠でむざむざ譲ることはしないのではないかと見る。
なのでアポジーは抑えまで。

逃げ馬から距離の開いた馬群の先頭に収まる馬が最も勝ちやすい展開になると思われるが、そうなるとトリオンフが有力かなあと。
大阪杯で久々に出遅れかましたのが気がかりだが、まあルメールなら上手いことリカバリしてくれんじゃないかなと。

或いは、完全に前が潰れる展開になるとしたら、面白いのがストレンジクォーク。
元々この距離が向いており、阪神内回りとはいえこの少頭数でこのメンバーなら後方から割って出てこれる力はあると見ている。
妙味からしたらこちらを馬券の中心にしても良いかも。転厩がどちらに転ぶか。

過去2走上がり最速で勝ってきているトリコロールブルーも普通に強い競馬するかなと思えるが、さあ馬券はどうしたもんかなと。


ダービーウィークにだいぶやられたので、ここはしっかり取り戻したいところ。