にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 安田記念 予想

次から次へとGⅠが観れると胸躍らせた日が、つい昨日のようどころか、今日の午前中ぐらいのことのよう。
もう気付いたら競馬の祭典も幕を閉じ、東京開催最後のGⅠがもう目の前。

しかしこの戦い、決して余熱ではない。
東京五週連続GⅠ開催の締めに相応しい、豪華絢爛なメンバーが揃ってくれた。
エアスピネルの名前が無いのが少し寂しくはあるが、非常にレベルの高い馬たちによる混戦であり、実に難解、実に面白い。

◆安田記念

◎⑤ペルシアンナイト
◯⑮サングレーザー
▲⑪リアルスティール
△①スワーヴリチャード
☆⑨レッドファルクス

一応印で差をつけてはいるが、どの馬も一長一短、特に上位3頭は自分の中で甲乙つけがたいものがある。
 



一応◎のペルシアンナイトは、大阪杯ではスワーヴリチャードの仕掛けがハマり2着だったが正攻法の強い競馬だった。適距離になり、より盤石な戦いができるように思う。
が、ゲートに不安があるこの馬にとって、なかなか前が止まらない今の東京の馬場は厳しい可能性も。久々の川田にはどうかしくじらないでもらいたい。

サングレーザーもペルシアンナイトと同等の力の持ち主と見ている。東京マイルにおいて他馬の動向見ながらレースできる外枠も悪くはないということで、これも勝ち負け濃厚であるが、東京初、左回りも輸送も慣れていないとなるとちと怖い。

実力馬で、ある程度前の方から競馬でき、しかもそんなに人気していないと、馬券的には一番注目したいのがリアルスティール。
海外帰りと、マイルが惨敗した一昨年の安田記念以来2度目というのが不安点だが、リピーターレースで知られるこのレースでは、一度大敗した馬が馬券に絡んでくるケースもある。斤量58で実績あるのはこの馬とレッドファルクスのみだったりもする。
考えれば考えるほど狙いたい。

そのレッドファルクスも、昨年のマイルCSと高松宮記念の大負けで人気を落としているが、昨年3着のリピーター。しかも鞍上が安田記念とめっぽう相性の良い田辺騎手。
高松宮記念でも最後は伸びており決して侮れない。先行有利な馬場であるがゆえに前の方で主張する馬が多く、案外ペースが流れることも考えられる。その場合は出番アリかなと。

何の条件も付けず、この中で一番強い馬は? という質問をしたらおそらく最も多くの人が答えに選ぶであろうスワーヴリチャードも抑えないわけにはいかないが、ライバルと比較してマイルが向くかどうか。ゲートにも不安があり、大阪杯のような仕掛けは難しいと思われ、決して盤石とは言えない。
今の高速馬場も決してプラスにはならないと思われ、案外全然勝ち負けに絡まないケースもあり得るとは思う。

無印としているが、逃げるウインガニオンの後ろで落ち着いた流れになった場合のアエロリットはかなり怖い。抑える必要はあるかなと。


こんなところで組み合わせればおおむね当たるはず。
関東のGⅠファンファーレともしばらくのお別れということで、現地にて過ぎ去る季節を惜しみつつ存分に楽しみ、そして勝ってきたいと思う。


澤多莉さんはこちら。今回やけに楽しく書けた。
第20話 安田記念 - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム