にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 函館スプリントステークス・ユニコーンステークス 予想

ここ2週間は期せずして休憩モードとなってしまった。
競馬のみならず、諸々ダラダラサボって過ごしているうちに梅雨入りもしてW杯も開幕してしまい、函館開催なぞも始まり、何もかもに取り残されてる感。
どこかでやる気スイッチ押さねばならんのだが、年を経るごとにそれも難しく。

日曜に東京競馬場で大いに楽しみ、上半期の総決算であるところの宝塚記念に向けて気合注入といきたいところだが、的中馬券なぞを手にすることができれば効用は覿面だろう。

◆函館スプリングステークス

◎⑬キングハート
◯⑦ナックビーナス
▲⑧ワンスインナムーン
△⑫エポワス
☆⑨ヒルノデイバロー

内枠3頭をはじめ強力な先行馬が多く、コース自体も普通に考えたら前有利。こういうときは得てして、先行争いが苛烈になり、それらを見れる位置で運んだ馬が抜け出したりするもの。てか昨年がそうだった。

戦績安定しており脚質も自在のナックビーナスが筆頭候補ということで前日時点で1番人気。
が、それなら3月にナックビーナスを下している上に昨年2着の実績のあるキングハートの方に妙味があるのかなと。

先行馬でも、香港と香港帰りを度外視すればワンスインナムーンは各最上位の可能性がある。追い切りも良さげなんで押さえておきたい。

北海道巧者の10歳馬エポワスと、ムラ馬だが持ち時計優秀のヒルノデイバローなど絡もうものならオイシイなあと。
 



◆ユニコーンステークス

◎⑦グリム
◯⑧ハーベストムーン
▲⑭ルヴァンスレーヴ
△⑫エングローサー
☆④トキノパイレーツ

デムーロで全勝・左回り全勝・1600全勝のルヴァンスレーヴが人気を集めてはいるが、そこまで盤石ではないかなと。
ゲートに不安があり、前を行く実績馬のグリムやらハーベストムーンやらをつかまえられないなんて展開は普通にありそうかなと。

伏兵として面白いのは、ダート替わり初戦こそ体重+10で大敗したものの、その次で出色の末脚を見せて勝ち上がったエングローサーと、時計こそパッとしないもののダート無敗のトキノパイレーツ。
いずれも500万勝ったばかりでOP実績はまるでなく、近年OP出走経験ない馬はまるで馬券になってないこのレースでは厳しそうに思えるが、だからこそ人気もしておらず敢えて狙ってみても良いかなあと。


さて、楽しんでこよう。