にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 宝塚記念 予想

グランプリレース・宝塚記念。
あなたの、私の夢が走ります。
あなたの夢はヴィブロスか、サトノダイヤモンドか。
私の夢はレインボーラインです。
ついに頂へと辿り着いたその末脚。
もう一度、もう一度だけでも見たかった。

◆宝塚記念

◎②ノーブルマーズ
◯⑧ダンビュライト
▲⑱キセキ
△⑦パフォーマプロミス
△⑮ゼーヴィント
☆⑭スマートレイアー

別にトチ狂っているわけではない。大真面目に検討してこの予想である。
なお取捨を迷ったのはサトノダイヤモンドでもヴィブロスでもなく、ミッキーロケットだったりする。
 



ダイヤモンドよ輝きをもう一度という思いもあるのか、前走大阪杯で1秒差完敗のサトノダイヤモンドが前日時点で4倍台とはいえ1番人気。
他方、大阪杯で先にゴールしたダンビュライトが7番人気で、0.1差だったスマートレイアーが13番人気であれば、そちらを狙いたくなるというもの。
どちらもハードな臨戦ではあるものの、ローテとかそこまで考えすぎない方がというのは安田記念で学んだ。力を発揮してくれれば十分あるかと。

本命としたノーブルマーズは1000万条件の時ではあるが阪神2200で2:11.4という好時計を叩き出して勝っており、それがこうも不人気であるなら狙い目かと。
かなり使ってきているが、ローテとか以下省略。

そのノーブルマーズと目黒記念で差のないレースをしたパフォーマプロミスは安定した強さを評価せざるを得ず、遅れをとったゼーヴィントも2500より2200の方が向いているだろうということで、抑える必要あり。

水田のような馬場を3キロ激走した後に香港に渡り、壊れてしまった恐れもあるキセキだが、デムーロはパフォーマプロミスでもストロングタイタンでも、そして前年ともに栄光をつかんだサトノクラウンでもなくこの馬を選んだ。
ピンク色の帽子をかぶったあのイタリア人が突っ込んでくる光景を何度見たことだろう。
菊花賞のおかげで重馬場大好き的なイメージで語られることもあるが、元来神戸新聞杯やら3歳夏のローカルやらでとてつもない脚を披露していたことも忘れてはならない。



こちらでは全頭診断カッコ笑を行なっています。
第21話 宝塚記念 - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム