にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 プロキオンステークス・七夕賞 予想

障害の絶対王者・稀代の名馬という領域にさえ足を踏み入れているオジュウチョウサンが、無謀にも思えた平地挑戦で勝利。
ファンを大いに喜ばせるも、その後のオーナーの発言が物議を醸したりした土曜日。

まあ先に広まった方の発言がいささか誇張されてる感があり、平地専念はあくまで今年限りで、もう障害は走らないってわけではなさそうか。
もちろん当方、まだまだ障害でのあの強さを見たい、台頭してくる挑戦者を迎え撃ってほしいと願っている。
有馬記念への挑戦も素敵な夢であることは言うまでもないが。

さて、今週の馬券は重賞のみとなりそう。

◆プロキオンステークス

◎⑥インカンテーション
◯⑬マテラスカイ
▲③ウインムート
△⑦キングズガード
☆⑤ルグランフリソン
☆⑫ブラゾンドゥリス

かなり人気が割れている混戦レース。
先行馬が多く、それらが潰し合うかとも思えるが、おそらく重か回復しても重に近い稍重ダートで、全ての先行馬が垂れるとは考えにくく、本当に強い何頭かは残るのではないかと。

前走1200の準OPとはいえ凄まじい勝ち方だったマテラスカイと、復調してきたここ2走で番手から押し切ったウインムートは崩れなさそうだが、好位からそれらをインカンテーションがつかまえるといった展開になるか。
さすがにフェブラリーS3着は実績として抜けているかなと。

後ろ届く展開ならキングズガードにも勝機あり。
今回の人気どころと、近走で互角以上の勝負しているのにあまり人気していないルグランフリソンやブラゾンドゥリスに妙味を見出した馬券勝負もアリかと。
 



◆七夕賞

◎⑤マイネルサージュ
◯③マイネルフロスト
△②キンショーユキヒメ
△⑥サーブルオール
△⑦ワンブレスアウェイ
☆⑪マイネルミラノ

こちらは対照的に先行馬が少ない。
最近あまりテンでハナに行けてないマイネルミラノだが、このメンバーならペースを作れるか。AJCCのときのように上手いこと3着に残るぐらいなら十分にあり得る。

本線はマイネルの他2頭。
マイネルサージュは後方からになるが仕掛けどころを間違えなければ、前走同舞台でマイスタイルを捕まえた鬼脚を発揮してくれるはず。
好位からはマイネルフロスト。昨年の七夕賞では最も強い競馬をしていた。

△3頭は来ても全然おかしくないけど、あんまり積極的には買いたくないかな〜の3頭。
もう少し吟味したいが、ここはいっそマイネル丼というのもひとつの手か。


なにげにここのところ中央の重賞はボコボコにやられている。
まずは夏一勝を。