にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 函館記念 予想

函館に来ている。
念願のJRA全10場踏破達成! ……であるのだが、旅打ち初日はなかなかに波瀾に見舞われて、土曜22時現在、かなりくたびれ果てている。
まあ、その辺りは後日旅打ち日記にまとめるとして、とりあえず急仕上げではあるが検討した函館記念についてサッと記して、明日に備えて眠ることにしよう。

◆函館記念

◎⑤スズカデヴィアス
◯⑪マイネルハニー
▲⑦トリコロールブルー
☆④クラウンディバイダ
☆⑨カレンラストショー
 


難しい。どれが飛び込んできても先週の七夕賞ほどの驚きはないだろうし、どれが沈んでもさほどおかしくはない。

そういう状況であるなら、もし下位に沈んだら「アレ?」と多少は驚くのはどの馬かなという観点で考えた場合、近走充実のスズカデヴィアスと、地力上位で露骨に勝負気配のトリコロールブルーが該当するかなと。

スズカデヴィアスは後方からの競馬が多くいかにも函館では厳しそうだが、コーナーでエンジンかけるのが達者なのか福島や小倉でも割と良いパフォーマンスを見せている。上手く操縦してくれれば勝ち負けかと。

トリコロールブルーは、衝撃の体重増を果たした昨夏から、水田走った菊花賞以外は常に高パフォーマンス。他の有力馬より斤量軽め。ルメール騎乗。外せない。

あとは土曜のレースを見て、かなり前が残る展開が多かったので、逃げ・先行馬は波乱の立役者候補として抑えておきたい。
どの馬もスロー逃げを身上としており、すんなり落ち着けば前が残りやすいペースになるんじゃないかと。
特にスズカデヴィアスを本命にしている以上、東京で逃げ切ったマイネルハニーを函館で軽視するの変な話。その後出遅れた中山記念と休み明けで体重増の前走は度外視で良かろうと。


他にも怖いのはチラホラいるが、まあ全て抑えるにもいかないし、こんなところで。
いや、もしかしたら先週みたいに全買いしてもプラスになるような結果がまた出たりするのだろうか……


重賞現地観戦、楽しみでならない。