にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 函館記念 感想戦

昨年は札幌記念、今年は函館記念を現地観戦。
きちんと新卒で職についた同世代の大半と比べ、悲しくなるほどの薄給の身でありながら結構な遊興ぶりであると自嘲。
せめて貯金ぐらいはしとかなあかんのになぁと思いつつも、旅打ち最高なので仕方がない。

まあ馬券的にはまるでダメだった旅打ち日記は後日まとめるとして(ネタバレ)、やはり盛り上がるのはご当地の重賞。

www.bakenbaka.com

◆函館記念

◎⑤スズカデヴィアス
◯⑪マイネルハニー
▲⑦トリコロールブルー
☆④クラウンディバイダ
☆⑨カレンラストショー

【買い目】
3連複 ⑤ー①⑦⑪ー①④⑦⑨⑩
馬連 ①⑤⑦

前日と打って変わり、芝は差しが効く模様なのを受け、ブラックバゴを買い目の上位に、ブレスジャーニーを3列目に追加。
馬連①⑤⑦はこの日プレゼンターで来ていた桜井日奈子さんなるキャワイ子ちゃんの下の名前にも合致し、こんな簡単なサインいただいちゃって良いのかなあと。
 



【着順】
⑥エアアンセム
③サクラアンプルール
⑭エテルナミノル
⑩ブレスジャーニー
⑤スズカデヴィアス ◎

いくら差しが効きやすい馬場とはいえ、重賞で1000m60.3では、力のない逃げ・先行馬が潰れはしても、あんまり後方からでは届かない。
好位でうまく進め、タイミング良く抜け出すことが出来れば勝機がグンと増す流れをモノにしたのはエアアンセムとエテルナミノル。
エアアンセムの方はそれなりに注意かなーと思いつつ切ってしまった馬だったが、エテルナミノルは何なら真っ先に切ったぐらいノーマークだった。
夏は牝馬。よく見たらこの馬が紅一点の馬柱を眺め、改めてそんな格言を噛みしめる。

サクラアンプルールはブラックバゴやブレスジャーニーと天秤に掛けて切った1頭。
中団下げすぎず、前を見据えられる位置にいて、コーナー抜ける頃にはエンジン掛かっているというのは本命スズカデヴィアスにやってもらいたかったレース運び。ただでさえ後方だったのに更に下げちゃあのレースじゃ馬券になりませんわな……

馬場状態を見て評価下げてた先行勢はいっそ切るべきだったとか、桜井日菜子サインは①⑦⑤じゃなくて単純にサクラで行くべきだったかー(本人もそれで推してた)とか思ったりもするが、おそらく今回はどうあっても当てることは出来なかっただろうなと。

思えば2016新潟記念・阪神JF、2017小倉大賞典・天皇賞春・札幌記念、2018福島牝馬S・函館記念と、旅打ちの折に重賞で勝った試しがないなと。不的中かトリガミ、良くてもトントン止まりで、どうにも結果が出てくれない。
いつかは旅先のビッグレースで会心のガッツポーズを決めてみたいもの。
 


……ではあるのだが。
この旅打ち、函館記念(の惨敗)を期に、次のGⅠシーズンまで少し競馬との距離を見直そうかなと考えている。

とは言っても、何もしばらくやりませんってわけでなく、重賞は買い続けるしブログに記事もあげ続けようとは思うのだが、日々の営為の中での優先順位を少し見直していきたいというか。
具体的には週中には多少馬柱をチラ見するぐらいはしても本格的な検討は開始せず、他のやりたいこと・やるべきことに力を注いで、週末になったら短い時間で集中して検討に入るような形をとりたいなあと。

いい歳して堂々と青いこと言うのも恥ずかしい限りなのだが、まだまだやりたいことはあるし、なりたい自分になるためにやるべきこともたくさんある。
40だろうと50だろうと何かやるのに遅すぎるなんてことはないが、時間が無限でないことも事実。

だから、ちょっとだけ競馬の時間を削ろうかと。
それで却ってバンバン的中するようになったりしねえかなーなんて下心をちょっぴり込めて。