にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 中京記念 感想戦

実家にて、4歳の甥っ子にボコボコにされながら、なんて幸せな時間であることよとしみじみしたり、三姉弟の上二人はあまりじゃれかかってこなくなったことに、違う意味でしみじみしたり。

北海道などごく一部を除いて日本列島は灼熱地獄。
こんな中、馬はキッチリ走ることできるんかなとか思ったりもするが、福島中京のレース結果を見るに、まあ夏競馬らしい荒れもあるものの、総じて強い馬はそれなりに結果を出している。
夏だからとあまりムチャクチャな穴狙いは得策ではなさそう。

www.bakenbaka.com

◆中京記念

◎④リライアブルエース
◯⑤フロンティア
▲②ロワアブソリュー
△⑬ウインガニオン
△⑯グレーターロンドン

【買い目】
3連複 ②④⑤⑬⑭⑯
馬連 ④ー⑤⑭

ミエノサクシードに予感が走り、買い目上位に追加。
3複は軸が決められず、6頭ボックスという構えでいくことに。
 



【着順】
⑯グレーターロンドン △
⑫ロジクライ
④リライアブルエース ◎
⑤フロンティア ◯
⑪ワントゥワン

ウインガニオンの単騎逃げにはならず、ペースが上がるというのは想定どおりだったが、やり合ったのがアメリカズカップとマイネルアウラートで、ロジクライがその後ろに付けてしまったのは誤算。
ウインガニオンとロジクライが競って、残るとしたら夏強くてこの舞台でも実績あるウインガニオンの方と見ていたのだが……

グレーターロンドンは暑さや輸送さえ問題なければ、このコースでのこの展開なら真価を発揮するのはむしろ当然。レコードのおまけ付きでついに重賞制覇。

本命のリライアブルエースはあそこまで後ろからなのは想定外だったが、しっかり伸びてきっちり3着。そこそこ人気時の戸崎騎手らしい堅実なお仕事ぶり。

中穴のフロンティアも頑張っただけに、ロジクライ浜中が邪魔くさくてもう……
まあ、逃げて失敗のマイラーズCの轍を踏まなければ十分可能性ある1頭だったところ、またテンから飛ばし過ぎるだろうと思い込んでしまったこちらのミステイクだったことは重々わかってはいるのだが。


まあ、悪い線ではなかった。
来週がんばりまひょ。