にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 クイーンステークス・アイビスサマーダッシュ 予想

軽くしぬるほどの暑さが幾分和らいだかと思いきや台風到来。
しかもコレが行き過ぎたらまた地獄のような天然サウナが襲来するとか。

何よりもそんな中で何が悲しくて会社に行かねばならないのか。
この土日も仕事。ため息。

◆クイーンステークス

◎⑤フロンテアクイーン
◯③トーセンビクトリー
▲⑥リバティハイツ
△④ツヅミモン
△⑨ディアドラ

そのシルバーコレクターぶりは安定感の証かそれとも勝負弱さを現しているのか微妙なところだが、フロンテアクイーンが実力上位であることに間違いなし。
大舞台のVMにも出てこれずに長休とっての休み明けというのが気掛かりではあるが、ライバルにもそれ以上の不安があるここは重賞勝利の大チャンス。
やはり2〜3着濃厚と見る向きが多く、人気しないようであれば単勝勝負も視野。

前走本命にしてひどい目にあったトーセンビクトリーの戦歴をつぶさに見てみると1800が適距離ということは歴然で、昨年このレースでは1頭段違いだった馬を度外視すれば、割と好位から上がり最速という非常に強いレースをしている。ちと斜行はかましてはいたが。
新パートナーは牝馬が得意そうなイメージのある岩田騎手。ここは是非東西馬上ダンス野郎でワンツーを決めてもらいたい。

斤量有利な3歳馬、春の戦いでそれなりの位置につけていた2頭が参戦となればやはり注目かなと。
特にリバティハイツは桜花賞でマウレアとほぼ互角。このレースにマウレアが出てきてればおそらく1〜2人気だったんじゃなかろうか。

券種によっては海外帰りのディアドラは一応抑え、ソウルスターリングはここでの復活はないとみて切る所存。
VMでの末脚は気になるところではあるが……札幌1800で勝ちそうなイメージがない。
 



◆アイビスサマーダッシュ

◎⑰ペイシャフェリシタ
◯⑮ダイメイプリンセス
△⑭レッドラウダ
☆⑬ノットフォーマル
☆⑥ラインスピリット

あまりチェックできることも少ないのだが、今回に関しては、グリチャの重賞メモリアルにて過去数年のレースを見ることができた。
で、おそらくJRAの全重賞の中で、最も枠順による有利不利が大きなレースだろうなコレと。

新潟千直は外枠有利ということは常識としてもちろん知ってはいたものの、これは思っていた以上。
コーナーのある通常のレースでは、芝の良い外側を走ろうとすると必然的に距離ロスを覚悟しなければならないところ、内の馬が外に寄ってくる千直では正反対。芝の良いところを走れる馬が距離的にも優勢と、途方もないアドバンテージを得ているわけである。
それでも実力的に突出している馬がいればまだしも、今回はそこまでの存在は見当たらない。ここは一つ、ピンク帽とオレンジ帽だけ買おうと、枠順が出る前から決めていた次第。

で、いざ枠順出てみると元々有力視していた馬が挙って外枠ゲット。

前走大敗が良い煙幕になるかなと思っていたペイシャフェリシタが現在3番人気なのは誤算だった。大外の絶好枠も考えものだろうか。
近走でナックビーナス、モズアスコット、レッドファルクスといったGⅠ勝ち負け級の馬相手に大きく差のないレースをしており、この特殊なレースが合わないということさえなければまず馬券内は固いかと。

千直ではいまだ無敗、準OPとOPを連続で勝ってきたダイメイプリンセスも抑える必要は当然あるかと。

千直巧者といえばレッドラウダも無視はし難い。が、この馬の場合それ以外が弱すぎるというフシもあるので、オッズ次第では切りもあるかも。

キャリアの大半が二桁着順ではあるものの、ごくごく稀に10人気以下で穴を開けるノットフォーマルも3走前を考えると面白い1頭。

唯一外枠以外で面白いのはラインスピリット。近走大きく負けたのは高松宮記念ぐらいで、結構な実力馬な割には人気の盲点になっている感。


さて、夏競馬も後半戦に突入し、屈指の注目レース2つ。リアルタイムで見れないのは無念極まりないが、仕事の疲れを的中馬券で癒してもらうことにしよう。