にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 キーンランドカップ・新潟2歳ステークス 予想

少し秋めいて来たかなと思いきや、35℃超えの熱波。まっこと今年の夏は凶悪。
日曜は仲間で集まりランニングをし、ビールと焼き鳥で打ち上がるという予定だったが、日中に走ったりしたら干からびてしまうということで、夕方からビールと焼き鳥だけ行くことに。

では日中は、ひとつ競馬で飲み代でも稼ぐことにしましょうと。

◆キーンランドカップ

◎⑥レッツゴードンキ
◯⑪ナックビーナス
▲③ヒルノデイバロー
△⑦ダノンスマッシュ
☆④ペイシャフェリシタ
☆⑩キングハート

国内芝1200のGⅠで3連続2着と、実績が抜けているレッツゴードンキだが、意外にも1200での勝ち鞍は無いという。
昨年のスプリンターズSはクビ差、今年の高松宮記念ではハナ差で戴冠を逃したということもあり、陣営もこの秋に期するものがある筈。というよりラストチャンスと思っているかもしれない。
得意の札幌で弾みをつけてほしいという、ファン心理も相俟っての本命。

ドンキ姉さんに次いでの実績を誇るのがナックビーナス。大舞台も含めた近走の安定感は目をみはるものがある。先行できるのも強み。
鞍上に配されたモレイラに、ここでJRA重賞勝ちという箔を付けたいという大いなる意思のようなものを感じると言っては勘ぐりすぎだろうか。

前走でナックビーナスを上回り、昨年秋にはレッツゴードンキを上回っているヒルノデイバローが現時点で想定8番人気とか。
ゲート出て好位につけられればまあ強いのだが、出負けした場合は、主戦騎手がまず無理はしない人なのでノーチャンスに近くなるのがその所以だろうか。
ここは良い方に転ぶことに願いを託し、妙味溢れる馬券を買うのも一つの手かと。

あまり強い先行馬がいない中、3歳馬ダノンスマッシュが逃げる形になることも考えられ、軽ハンデの恩恵もありそのままスルスルは大いにあり得るかと。
現4歳世代が割と手薄なスプリント路線、この世代にはチャンスが大きいのではなかろうかと。

ペイシャフェリシタとキングハートは、走るときは走りますよ、ということで爆走穴開けに期待。
1200も札幌も初めての人気馬を買うよりも、この辺を抑えておきたいところ。
 



◆新潟2歳ステークス

◎⑦エイカイキャロル
◯⑤ロードアクア
▲⑥ケイデンスコール

1勝馬10頭と、フルゲート割れを見越して出てきた未勝利馬1頭という重賞戦。
新馬戦とかでいかに強そうに見える勝ち方をしている馬でもそこまで担保があるわけでなし、ここは半ば応援馬券で良いかなあと。

実はエイカイキャロルとロードアクアはそれぞれVANとnetkeibaのPOGで指名している馬だったりする。上位に来てくれると嬉しいなあと。

エイカイキャロルはどスローだった新馬戦の時計が遅く、そのときの2着馬が土曜に惨敗ということもあり人気薄だが、ならば積極的に狙いたいという思いもある。
あれだけスローだったら着差も付きにくいし、ピュアヒカリより0.1差分の強さしかないと考えるのは早計かと。

ロードアクアの新馬戦は現地で見ていたが、前評判に比して勝ちっぷりはイマイチだったのは確かだが、あれもスローでなかなか目立つ勝ち方はしづらいレースだったかと。
いかにも試走といった感もあり、これから真価を発揮してくれることに期待、というのは贔屓目だろうか。

んで、その2頭を買うのであれば、もう1頭のロードカナロア産もということで、人気どころではあるがケイデンスコールも抑えておきたい。
新馬戦ハナ差で負けた相手がOPを楽勝し、自身も2戦目は危なげなく勝ち。実力の担保としては最も大きいかと。


灼熱の一日を、勝利の美酒で終えられるか、ヤケ酒になるか。できれば美味い焼き鳥を食べたいもの。

そういや焼き鳥って麻雀用語でどんな意味だったかな……?