にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 キーンランドカップ・新潟2歳ステークス 感想戦

暑い中運動はおろか外出するのも身体に毒だと、冷房効かせた部屋に引きこもり、折角手元に東スポあるんだからと、買う予定なかったレースに手を出して金銭を失う。こんな愚かな休日があるだろうか。
休日の過ごし方も、ギャンブルとの付き合い方も、もうちょい上手にならんとあかんなあと。

というわけで、負けが込みはじめた頃合での重賞戦。

www.bakenbaka.com

◆キーンランドカップ

◎⑥レッツゴードンキ
◯⑪ナックビーナス
▲③ヒルノデイバロー
△⑦ダノンスマッシュ
☆④ペイシャフェリシタ
☆⑩キングハート

【買い目】
3連複 ⑥ー③⑦⑪ー①③④⑦⑩⑫
馬連 ⑪ー③⑥⑦

3列目には☆の馬の他、どうにも気になるユタカ&ユーイチを追加。
レッツゴードンキが飛ぶとしたら先行絶対優勢の展開だろうと、その場合は勝ち負けのはずのナックビーナスから馬連数点を抑えとく。

【着順】
⑪ナックビーナス ◯
⑦ダノンスマッシュ △
④ペイシャフェリシタ ☆
⑬キャンベルジュニア
②スターオブペルシャ
⑥レッツゴードンキ ◎

抜群のスタートからハナをとったナックビーナス。鞍上の名手が3〜4ハロン12.0と巧みに息を入れ、そのまま突っ切って勝利。

2着3着も先行した馬ということで、後方にいた馬にはノーチャンス。
にしても、我らがレッツゴードンキは外からもうちょい迫ってくれても良さそうなものだったが。あちこちで囁かれているように本調子ではなかったということだろうか。ていうかそう思いたい。
なお期待のヒルノデイバローは今日は出遅れの方のバーローくんだった。いつになくコーナーで押し上げようとはしていたんだけども。

馬券的には、後方届かずの事態に備えた抑えの馬連が的中でかろうじてプラスも、3着に特穴指定のペイシャフェリシタが入ったとなると、3連系を取れなかったことが口惜しい。
先行力あり崩れる可能性は低いナックビーナスの方を軸にすべきだったとほぞを噛んでも後の祭り。
 



◆新潟2歳ステークス

◎⑦エイカイキャロル
◯⑤ロードアクア
▲⑥ケイデンスコール

【買い目】
馬連 ⑤⑥⑦
ワイド ⑤ー⑦

【着順】
⑥ケイデンスコール ▲
⑨アンブロークン
⑧スティルネス
⑪ジョディー
④エイシンゾーン

馬場の悪化かのためか、キャリアの浅い馬による戦いであったためか直線はバラバラと何となく締まりに欠ける感のあるレースに。

スロー過ぎて直線勝負になり、上がりの速い順にそのまま入線。
我がPOG指名馬でもあるロードアクアとエイカイキャロルは好位につけており良し良しと思いきやズルズルと下がっていき、9着と10着。
参加賞狙いの馬を除いたらシンガリワンツーでダメだコリャなカンジ。POGのポイント的にも悲しい結果。

2歳戦といえど半ば思考停止するのでなく、ちゃんと考えていかなあかんなあと。


いよいよ夏競馬も残り1週。
早よ中山やら東京やらに競馬よ帰ってこいと思う気持ちと、過ぎ行く季節への名残りの気持ちとがない交ぜな感覚。

ともあれ、終わりよければすべてよしと言える戦果を得て、新たなシーズンへと突入したいものではある。