にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 セントウルステークス・京成杯オータムハンデ 予想

秋開幕の土曜日は見事な惨敗。
レース前はきっと走るに違いないと思い込んでいた馬が凡走し、終わってしまえば何故この馬を見込んでいたのか。夢から覚めた虚しさときたら。
思えば競馬なんてこんなんばっかり。日曜はこの連環から逃れられるか。

◆セントウルステークス

◎⑨ネロ
◯⑥アサクサゲンキ
▲②ラブカンプー
△⑭ファインニードル
☆⑩フミノムーン

開幕週の阪神1200勝負、それも先行馬に強力なのが揃ってるとなると、順当に行った行ったになることが濃厚。
その中でも、近走復調気味で重馬場適性も高いネロを本命としたい。誤算だったのは思ってたより人気してしまっていることか。

この夏ブレイクしつつあるラブカンプー、GⅠ馬のファインニードルと前に有力馬が揃う中、後方から割って入ってくるとしたら、ここまでもひとつ真価を発揮しきれていないアサクサゲンキと、フミノムーンの大まくりに期待したい。
 



◆京成杯オータムハンデ

◎②ロジクライ
◯⑥ショウナンアンセム
▲⑦ビーズインラブ
△⑭ワントゥワン
△⑩ミッキーグローリー
☆⑪ストーミーシー

昨年のような外差し馬場になるものと思い込んでいたのが運のツキで紫苑Sではひどい目にあった。まあレッドベルローズの惨敗は馬場どうこうではないという説もあるが……

改めて土曜のレースを見たところ、極端に前有利ということもないが、まあ開幕週らしく時計の出る馬場で、紫苑Sではコースレコードと0.2差の1:58.0という時計が飛び出した。

ここはやはり高速決着だった中京記念で唯一先行して粘ったロジクライが、順当に勝ち負けではなかろうかと。
ウインガニオンと、ひょっとしたらベステンダンクが前を行くのをじっくり好位で見て運べれば勝機大。ヘタこいて競り合ってしまっても粘れる可能性は結構あるのではないか。

相手は前ならショウナンアンセム、後ろならヒーズインラブが有力。特に前者は関屋記念の大敗で人気落とすようなら狙い目かと。


とりあえず秋の初日を早めに取りたいところ。
買った馬だけ来てくださいな。