にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 ローズステークス 予想

世間は三連休。中央競馬は三日開催。日曜夜には異国のレースまで観れてしまうというハッピーでカラフルな三日間。
であるのに、土日仕事で祝日の月曜日も用事があって、競馬にはほんの少し掠ることしかできないとなると、世界はどんより色褪せる。

せめて馬券が当たれば良いのだが目下絶不調。
ちょっとヤバイぐらいに当たらない。土曜も中山メインだけちょこっと買ってまあ全然。
秋の長雨といった天候が続いている今日この頃、競馬の負けぐらいはにわか雨程度にとどめておきたいところなのだが。

◆ローズステークス

◎⑬カンタービレ
◯⑪トーセンブレス
▲⑧サトノワルキューレ
△⑥オールフォーラブ
☆③スカーレットカラー
 



中竹厩舎2頭出しで鞍上がアノ人とアノ人。こんな恐ろしいことがあるだろうか。
同じ鞍上で本番も見据えるサトノワルキューレよりも、本番は乗れないルメールを鞍上に迎えたカンタービレの方がここ獲りに来てるのでは。古来言われているとおり、同厩舎2頭出しは人気薄の方が云々。

その辺りをまとめて一蹴してもおかしくない筈なのに、トーセンブレスがイマイチ人気していないのが不可思議。
阪神JFも桜花賞も4着に入っており、格でいえばサトノワルキューレより上。二冠馬はおろかラッキーライラックもリリーノーブルもマウレアもいない今回のメンツなら1番人気になってもおかしくないのに、前日時点で6番人気。専門家筋でも厚い印を付けている人はほとんどいない。
挫石でオークス取り消して以来の出走が不安視されているのか、追い切りがよろしくないのか、鞍上が心もとないと思われているのか……
もし本来の力を発揮できるのであれば、あっさりまであり得るんじゃないかと。ここは

オールフォーラブは当初軽視していたのだが、おそらくある程度前から行くと思われ、レースペースが落ち着くのであれば、残ってしまう有力候補かなと。

スカーレットカラーが気になってしまうあたり、先週のレッドベルローズでの大失敗にまるで懲りていない。
桜花賞ではマウレアと差のない競馬をしており、さすがに11番人気は舐められすぎ。
今回、中団より後ろからスムーズに進出できるのはどの馬かというのが一つのポイントになると思うが、ノーマークのこの馬の進路がポッカリ空いたりしたら面白いことになるかもしれない。

他に気になるところも含めて、カンタービレ軸の3連複を3列目手広くって感じだろうか。


考えをまとめる目的も込みでジョギングしてきたところ、音楽再生兼ランニングアプリ使用のためポケットに入れていたスマホを落としてしまい、液晶がヒビだらけに。
縁起悪いぜくぅ。