にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 神戸新聞杯・オールカマー 予想

東では昨年の、西では今年の、ダービー馬vs皐月賞馬という豪華前哨戦が組まれた今週。
本番では別の路線へ向かうこと濃厚で、ある意味ではGⅠ以上にプレミアムな戦いと言えるかもしれない。

さて、実績抜群の馬が順当に勝つか、はたまた波乱が起きるか。

◆神戸新聞杯

◎②エタリオウ
◯③ワグネリアン
▲⑧エポカドーロ
△⑥メイショウテッコン
☆⑨アドマイヤアルバ

ワグネリアンは新馬以来ずっと組んでた鞍上からさすがに弱化といえる交替を余儀なくされ、エポカドーロは今回控える競馬を試すみたいな噂が流れており、何より両馬ともどのレースにでも出走できる賞金を既に習得しており、ここで厚く張るのはいささか危険な気がする。

となると、菊出走のボーダーライン程度で、ここまで重賞勝ちのないエタリオウに目がいくのは必然。
先週のサトノワルキューレとは違い、ここで権利を獲り、できれば賞金も積みたい馬にミルコ・デムーロとなると、いかにここのところ不調といえど信頼感は高い。
まして騎乗停止でスプリンターズSやら乗れなくなったとなると、ここできっちり稼いでおきたい筈。
ダービーの末脚が印象的だが、前目からの競馬もできるし、早め進出もできる。ここでは鞍上がその判断を間違えることはないだろう。

相手にはさすがに実績上位の2頭は有力として、メイショウテッコンの前残り、アドマイヤアルバの追い込みと、極端な競馬がハマるケースはあるのかなあと。
 



◆オールカマー

◎⑦レイデオロ
◯①アルアイン
▲②ダンビュライト
△⑨ミライヘノツバサ
△⑩ブラックバゴ

3強ムードになっているが、本来の馬の力でいうなら、ダンビュライトは一段劣るように思える。アルアインとは5回直接対決しており1勝4敗と、格付は済んでいるとも言って良い筈。
にも関わらず、前日時点でダンビュライトの方が人気しているのは、節目の勝利が間近に迫ったレジェンドへの期待感以上に、アルアインの不安要素が大きいのだろう。
ローテや適性を考えたら是非使っておきたかった札幌記念を体調が整わず回避しており、調教で乗り込めておらず、弱化なうえに中山での実績に乏しい騎手への鞍上交替と、元来とても手が出せるものではない。

なので、本命はレイデオロ一択。元来2強を形成する相手方がそれだけ不安要素にまみれていれば当然のことだろう。
こちらもドバイ帰りの休養明け、しかも藤沢厩舎の叩きという不安はあるが、モズカッチャンやディアドラを見るに今時海外帰りを必要以上に嫌うこともなかろうし、昨年の神戸新聞杯や今年の京都記念を見るに、休み明けの前哨戦でもそれなりには走れるようになっている筈。最大のライバルが出来落ち必至となれば、このメンバーならそれで十分。

で、不安だらけのアルアインをダンビュライトが上回ってるかが今回の肝であるが、この両馬の差はそこまで小さくないんじゃないかというのが当方の見立て。
とはいえ、昨年宝塚のキタサンブラックなど、どんな名馬でもしっかり準備を整えることができないとまったく本来の走りができないというのもまた事実。
当日の具合を見て、どう買っていくか吟味したいところ。