にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 神戸新聞杯 感想戦

今秋はここまでタイミングが合わず来れないうちに開催後半を迎えてしまった中山競馬場へようやく来訪。
昨年のダービー馬vs皐月賞馬という豪華カード、入場料無料、ビール半額、ジョッキーイベント、レジェンドの記録達成への期待、連休中日と、数え役満ぐらい指が折れ、GⅠデー並みの大盛況。

やっぱ競馬は生で楽しまんとな……などとちょこちょこ買う馬券は、なかなか会心の一撃が出ず、チョイ負けぐらいの状況でメインレースを迎える。

まずは他場のビッグカード。

www.bakenbaka.com

◆神戸新聞杯

◎②エタリオウ
◯③ワグネリアン
▲⑧エポカドーロ
△⑥メイショウテッコン
☆⑨アドマイヤアルバ

【買い目】
馬連 ②ー③⑧
※複コロ ②

今週の複コロ勝負はここで稼いどかねばならないミルコを信じるのが常道として、本勝負の馬券は思いきって馬連2点に絞る。
3連系買うときの候補と考えていたメイショウテッコンは坂道でどうか、アドマイヤアルバはやっぱ最後方からの追い込みは厳しいのではないかと疑わしく思えてきて、自分の中で序列的にステイフーリッシュやらゴーフォザサミットやらと並ぶことに。
その辺まで買い目に加えては妙味が消え失せるということで、んじゃ潔く絞っていこうと。
③ー⑧で決まっちゃったらしょうがない、南無三とばかりに中山のビジョンを見つめる。
 



【着順】
③ワグネリアン ◯
②エタリオウ ◎
⑥メイショウテッコン △
⑧エポカドーロ ▲
④ステイフーリッシュ

スタート直後につんのめったエポカドーロが後方からになり、中山のスタンドもざわつく。
今回ソース不明の控える疑惑が出ており怪しいとは思っていたが、こういう形で実現するとは。

が、コイツが飛んだら全部パーのエタリオウが更に後ろ、最後方からの競馬となったことに、こちらとしては大いなる不安。
個人的に武豊に匹敵するほどの逃げ巧者ではないかと見ている松山騎手は、後ろを離しつつも5ハロン61.9という巧みな逃げっぷり。
いくら阪神外回りといえど、このペースでそこからでは届かないのではないですか? もう少し早く仕掛けてみてはいかがですか? といった意味合いの言葉を、少しだけ違った口調で絶叫。

が、直線弾け、唯一の33秒台の上がりを叩き出す。
少し早めに進出し盤石の走りっぷりだったワグネリアンには及ばなかったものの、ぎりぎりメイショウテッコンは交わしての2着。こちらもぎりぎり馬連ゲット。途中、こうなれば複コロの継続だけでもと祈ったりしたので望外の結果。

まあ元の予想に殉じていれば3連系のもっとオイシイ馬券を手にできたところなのだが、それはまあ言っても詮無いこと。

それにつけてもこのアタマ差は実に薄氷の勝利。

もしメイショウテッコンがあと僅か粘りを見せていたら……
もしミルコが権利取りの3着で良しとして、最後の最後に緩めていたら……
もしあのスタートから後ろに差をつけての4着まで上がってきたエポカドーロが躓いていなければ……

ほんの僅かこちら側に振り子が振れたことによる的中。勝つときはこんなものなのだろう。
思い上がってはいけないと、当地の重賞へと臨む。