にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 スプリンターズステークス 感想戦

先週に引き続きの中山参戦。抽選ステージを上げた賜物か、指定席抽選で初めて当選を勝ち取り、快適にGⅠ観戦ができると勇んで来場。
が、来てみれば拍子抜け。第2レースの発走前という遅めの到着だったにも関わらず一般席が全然空いている。こんなに人が少ないGⅠデーはちょっと記憶になく、先週のオールカマーの日の方がはるかに混雑していた。

なんだなんだ、世間の競馬ファンづれは、台風が来てるぐらいでGⅠ生観戦を控えるというのか。
これなら指定席とる必要なかったという状況が癪に触ったこともあり、不要不急な外出を控えている賢明な方々に毒づきつつ、馬券勝負に挑む。

初っ端のスーパー未勝利、不良のダートなんぞ前行けそうな馬で妙味あるのを買っときゃ良かろうと選んだ馬が見事に逃げ切り、いきなり平場賭け金の800円を諭吉に変えてくれる。
芝では人気馬を飛ばすのが目立っても、ダートでは時々こういうことしてくれるからウチパクさんは嫌いになれない。

その後もいつになく好調な馬券状況だったが、それとは反対に、競馬やってる間は持ちこたえるかと思われた空模様の方はどんどん怪しくなっていき、10レースの頃にとうとう降ってきて、瞬く間に土砂降りになってしまう。

何の、むしろ重馬場想定で予想を組み立てていた自分には恵みの雨、今日の自分はキテる感が凄いと、自信を持って迎えるメインレース。

www.bakenbaka.com

◆スプリンターズステークス

◎⑩レッツゴードンキ
◯⑪セイウンコウセイ
▲⑯レッドファルクス
△③ワンスインナムーン
△⑫ナックビーナス
☆②ヒルノデイバロー

【買い目】
ワイド ②⑩⑪⑯、③ー⑪
3連単 ⑩⑪→②⑩⑪→②⑩⑪⑯
単勝 ②・⑩
※複コロ ⑩

ファインニードルとナックビーナスは、少なくともどちらかは飛ぶだろう、でもどちらかはやっぱ来ちゃうかなと、強弱つけたワイドを主体にした馬券勝負。3連系は夢追いの3連単8点のみ。
単勝当てた10レースで先行有利というのはわかっていたが、そんなときこそ流れが厳しくなりすぎて前がきつくなり、距離こそ全然違うが天皇賞春のときのような強襲を岩田騎手が見せてくれるのではないかと期待。
 



【着順】
⑧ファインニードル
⑨ラブカンプー
①ラインスピリット
⑥ダイメイプリンセス
⑩レッツゴードンキ ◎

思ったよりもすんなりワンスインナムーンがハナを取りきり、3ハロン33.0と近年類を見ない最も速いペースでの逃げとなったが、差しが届かない馬場状況は想像以上だった模様。
さすがに一番前で引っ張ったワンスインナムーンは逃げ切ることはできなかったが、それでも6着に残った。

二番手集団のラブカンプー、ナックビーナス、ラインスピリットのレースとなるも、その中で最も力上位で中山巧者と思われていたナックビーナスだけ伸びを失う。
原因はわからないが、競馬にはこういうことがあるから恐ろしい。

ラブカンプーは夏の疲れが懸念され人気を落としていたが、1200以下ではすべて馬券内という実績と若さによる伸び代を考えると不当な不人気だったということだろうか。

ラインスピリットは内々の経済コースで先行し、しまいが甘くなりがちなこの馬をもたせたのは間違いなく鞍上の好プレー。もちろん内が伸びるという馬場読みもあっただろう。
が、その結果逃げ馬に進路が塞がれ、追い出しが遅れることに。もっと早く追えてればもっと良い結果だったのか、案外あそこまでの脚は使えなかったのか、それは知る由もないが、まあ見事な、それでいて惜しい3着であったことに変わりはない。

そして、それらをまとめて差し切ったファインニードルは、この期に及んで未だに疑問視している愚かな馬券師に、現役最強スプリンターは自分だと教えてくれたかのようだった。

馬券は外れ。ていうか、この清々しいほどの外しっぷりはどうだろう。

期待のレッツゴードンキは、素晴らしい末脚を見せてはくれたものの、あの位置からで届くほど中山の直線は長くなかった。
出足から中盤戦までの追走に苦労しすぎたといったところか。

セイウンコウセイは前目の馬で唯一大きく垂れ、レッドファルクスは後方からまったく進出できなかった。
かつてこの路線で頂点に立った馬の落日。時代の移り変わりを目撃した心持ちだった。
もちろん、沈んだと思った日がまた昇るところを見れることもあるのかもしれないが。


勝ち分の大半がなくなってしまい、ンダヨマッタクヨーとぼやきつつ、最終レースの馬柱をパッと見て先行できそうな馬をパッと買う。
一応最終レースの予算上限は1,600円と定めているが、あまりきちんと検討できていないし、僅かな勝ち分を確保したいという意識が働き800円の小銭勝負。単勝・ワイド1点ずつ。
こんなん当たった試しないのだが、ワイドの方が的中し、メインの負けを取り戻してくれる。

教訓。競馬は前行ける馬買っときゃ大体当たる。


全然当たらなかった馬券予想小説はこちら
kakuyomu.jp